インタビューのニュース記事、情報、ゴシップまとめ|サイゾーウーマン

インタビューの記事一覧

383件
インタビューのカテゴリー

インタビューに関する記事の一覧です

NPO法人「しあわせなみだ」副理事長・卜沢彩子さんインタビュー

「一度、性暴力に遭った女性は繰り返し遭う」友人や家族が被害者になったら、どうすればいいか

 NPO法人「しあわせなみだ」の副理事長、卜沢彩子(うらさわ あやこ)さんは自身も性暴力サバイバーであり、その体験をもとに現在は同じサバイバー女性のサポー…

2016.09.30

続きを読む

「一度、性暴力に遭った女性は繰り返し遭う」友人や家族が被害者になったら、どうすればいいか

元AV女優・小澤マリアさんインタビュー

元人気AV女優・小澤マリアがフィリピンでクラブ経営者に 「有名になって見返してやる」って思ってた

 2005年にデビューすると瞬く間にブレイク、日本で安定した人気を誇る一方で、アジア各国でも絶大な支持を得てきた元AV女優・小澤マリアさん。現在は東南アジ…

2016.09.24

続きを読む

元人気AV女優・小澤マリアがフィリピンでクラブ経営者に 「有名になって見返してやる」って思ってた

【連載】ヤリマン女の性生活報告

「ハプバーと素人投稿写真雑誌」セックスのためにジム通いするヤリマンが性を解放したきっかけ

 愛知県で暮らしている40代のOLチアキ。「絶対にセックスの誘いを断らない」という彼女のセックス観を決定付けたものが、2つあるという。…

2016.09.21

続きを読む

「ハプバーと素人投稿写真雑誌」セックスのためにジム通いするヤリマンが性を解放したきっかけ

【連載】ヤリマン女の性生活報告

「絶対にセックスの誘いを断らない」人生で浮気していない期間がない、ヤリマンの素顔とは?

 今回紹介する女性は、筆者が初めて出会った「絶対にセックスの誘いを断らない」と公言する女性である。 そうはいっても、そういう時の“絶対に”は、条件付きであ…

2016.09.20

続きを読む

「絶対にセックスの誘いを断らない」人生で浮気していない期間がない、ヤリマンの素顔とは?

作家・志茂田景樹さんインタビュー

「若者の文化を吸収しないとただ老いていくだけ」志茂田景樹が語る、自由な発想で生きる秘訣

 派手なファッションやユニークなキャラからメディアにも多く出演している作家、志茂田景樹さん。最近はタレントのりゅうちぇるとテレビ番組で共演したことから、「…

2016.09.14

続きを読む

「若者の文化を吸収しないとただ老いていくだけ」志茂田景樹が語る、自由な発想で生きる秘訣

『破婚』著者インタビュー

18歳下トルコ人夫との結婚は「投資であり贅沢で不遜な遊び」――及川眠子が語る“破婚”

『破婚』(新潮社)  やしきたかじんやWinkの数々の名曲や、「残酷な天使のテーゼ」「魂のルフラン」などの有名アニメ曲を手掛けた、作詞家の及川眠子氏。誰も…

2016.09.10

続きを読む

18歳下トルコ人夫との結婚は「投資であり贅沢で不遜な遊び」――及川眠子が語る“破婚”

風俗店経営者・鬼頭大輝氏インタビュー

風俗店男性スタッフの労働環境とは? 経営者が語る、体育会系でブラックな実態

 「風俗店の男性スタッフは、労働時間が長くて体育会系」そう語るのは、M性感「男性機能鍛錬道場」を経営する鬼頭大輝氏。M性感とは、男性側が受け身になって、女…

2016.09.03

続きを読む

風俗店男性スタッフの労働環境とは? 経営者が語る、体育会系でブラックな実態

映画『Start Line(スタートライン)』監督インタビュー

「聞こえない人をわかって」とは思わない! ろうの映画監督が語る、健常者との“壁”

 ドキュメンタリー映画『Start Line(スタートライン)』は、生まれつき耳が聞こえず、健常者との交流を避けてきたという今村彩子監督が、そのコンプレッ…

2016.09.02

続きを読む

「聞こえない人をわかって」とは思わない! ろうの映画監督が語る、健常者との“壁”

『大麻解禁の真実』著者・矢部武氏インタビュー

高知東生が覚せい剤と一緒に大麻をやっていた理由 医療にも使われる植物の効果と危険性

 覚せい剤4gと大麻1.3gの所持と使用容疑で逮捕された高知東生被告の初公判が8月31日、東京地裁にて行われる。所持量の多さと、同時に2種類を所持していた…

2016.08.30

続きを読む

高知東生が覚せい剤と一緒に大麻をやっていた理由 医療にも使われる植物の効果と危険性

ペットと人のこれからを考える

「ペットブームは嘘」減少たどる犬の飼育頭数、ペット産業が抱える“悪循環”のウラ側

「ペットブーム」真っ盛りの今、メディアでは犬や猫がもてはやされ、ネット上にはペットの愛らしい動画が次々とアップされています。しかしその一方で、子犬を繁殖さ…

2016.08.28

続きを読む

「ペットブームは嘘」減少たどる犬の飼育頭数、ペット産業が抱える“悪循環”のウラ側

結婚相談所「ブライダルサポーター」代表・影山頼央氏インタビュー

障がい者の婚活事情 受け入れる結婚相談所は少なく、特に男性が厳しい現実

 2016年3月、週刊誌に不倫をスクープされた乙武洋匡氏。6月に別居状態であることが報じられた際、ネット上では、「献身的に介護もしてくれている奥さんを裏切…

2016.08.25

続きを読む

障がい者の婚活事情 受け入れる結婚相談所は少なく、特に男性が厳しい現実

ラブホ文化から見るカップルの姿

「忍者部屋やキッチン完備」「海外旅行者の観光地化」――日本の性愛空間“ラブホテル”はいま

 恋人たちが“こっそり”と愛を育む場ラブホテル。1960年代、アメリカの「モーテル」が日本に輸入され、自動車のまま入る=人目に触れることなく入館できるとい…

2016.08.20

続きを読む

「忍者部屋やキッチン完備」「海外旅行者の観光地化」――日本の性愛空間“ラブホテル”はいま

『昼、介護職。夜、デリヘル嬢。』発売記念・家田荘子トークショー

介護現場でセクハラが多い理由 見て見ぬ振りをされた高齢者の性

 2010年代に入ってから男性週刊誌が盛んにプッシュしている「死ぬまでセックス」特集には、高齢になっても性を楽しみたいという素直な願いや、若いころに満たさ…

2016.08.19

続きを読む

介護現場でセクハラが多い理由 見て見ぬ振りをされた高齢者の性

公益社団法人全国保育サービス協会事務局次長・長崎真由美氏インタビュー

富士見市の事件はベビーシッターではない 子どもを安全に預けるために知っておくべきこと

 2014年に起きた埼玉県富士見市のベビーシッター事件。幼い子どもの命を奪った残虐な犯行に世間から非難の声が上がったと同時に、ベビーシッターの安全性が疑問…

2016.08.18

続きを読む

富士見市の事件はベビーシッターではない 子どもを安全に預けるために知っておくべきこと

精神科医・Tomy氏インタビュー(後編)

ホモフォビアの裏に潜む、「自分が性の対象になるかもしれない」という危機感

■人間はよくわからないものを排除しようとする――強いホモフォビア(同性愛嫌悪)を抱く人の中には、自分も同性愛者であるケースが少なくないようですね。倒錯的な…

2016.08.17

続きを読む

ホモフォビアの裏に潜む、「自分が性の対象になるかもしれない」という危機感

精神科医・Tomy氏インタビュー(前編)

同性愛者は守ってもらわないと命に関わる恐れがある ホモフォビアが生まれる背景

 一橋大学法科大学院に通っていた男子学生Aさん(当時25)が、2015年8月に校舎6階から転落死した。ゲイであるAさんは、同級生の男性BさんにLINEで恋…

2016.08.16

続きを読む

同性愛者は守ってもらわないと命に関わる恐れがある ホモフォビアが生まれる背景

【連載】ヤリマン女の性生活報告

「風俗を浮気と思わないでほしい」3万人と経験したAV女優のセックス観

 自らの欲望を最優先するヤリマンの中にあっても、飛び抜けた経験人数を持つ有奈めぐみ。前編ではライフストーリーを綴ったが、後編では具体的に彼女のセックス観を…

2016.08.12

続きを読む

「風俗を浮気と思わないでほしい」3万人と経験したAV女優のセックス観

【連載】ヤリマン女の性生活報告

由緒正しい家柄から風俗嬢へ 高校時代に8,000人と経験した女性がヤリマンになった理由

 “誰とでもセックスするヤリマン”と聞くと、我々は、受け身の人間性を想像してしまいがちである。確かに、一昔前に“サセ子”“公衆便所”と呼ばれていたようなヤ…

2016.08.11

続きを読む

由緒正しい家柄から風俗嬢へ 高校時代に8,000人と経験した女性がヤリマンになった理由

田房永子氏×斉藤章佳氏対談(後編)

痴漢はどうしたら撲滅できるのか? ひとりの加害者が、何千人という被害者を生む現実

 日常に潜んでいながら姿が見えない、得体の知れない痴漢加害者は、女性にとって恐怖でしかない。けれど、今日という日も犯罪者は当然の顔をして電車やバスに乗り、…

2016.08.10

続きを読む

痴漢はどうしたら撲滅できるのか? ひとりの加害者が、何千人という被害者を生む現実

田房永子氏×斉藤章佳氏対談(前編)

痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態

「痴漢をする人にとって、その行為は“生きがい”です」 対談は、精神保健福祉士・社会福祉士である斉藤章佳氏の一言から始まった。氏は、東京・榎本クリニックで1…

2016.08.09

続きを読む

痴漢はペニスだけの問題ではない 誤解している加害者の実態

映画『花芯』監督インタビュー

「『わからない』という男は女が怖いのかも」瀬戸内寂聴『花芯』、園子という女性像

 映画『花芯』は、瀬戸内寂聴氏の同名小説(講談社文庫)を映像化した作品。寂聴氏が瀬戸内晴美時代に発表した小説で、文中に「子宮」という言葉が多く出てくるため…

2016.08.05

続きを読む

「『わからない』という男は女が怖いのかも」瀬戸内寂聴『花芯』、園子という女性像

嵐よういち×ルーカス B.B.対談

リオは危険なだけじゃない! 旅行通が語る、世界中の人を惹きつける魅力とは?

 8月5日、ブラジルでついに開幕する「リオデジャネイロオリンピック2016」。204 の国と地域から参加するトップアスリート1万500人がメダルを競う同大…

2016.08.05

続きを読む

リオは危険なだけじゃない! 旅行通が語る、世界中の人を惹きつける魅力とは?

子どもの虹情報研修センター・川﨑二三彦センター長インタビュー

年間30人以上の子どもが親に殺されている 親子心中事件は、なぜ起こるのか?

 今年に入り、子どもを道連れにした心中事件が数多く報道されています。7月に千葉県・鴨川海岸、東京都・西東京市と、親子の無理心中とみられる事件が相次いで起き…

2016.08.02

続きを読む

年間30人以上の子どもが親に殺されている 親子心中事件は、なぜ起こるのか?

『悪母』著者インタビュー

同僚・ママ友・姉妹、怖いけど面白い“女の友情”――嫉妬も独占欲も女同士で生まれる

 身近にいそうな嫌な女や、女たちが集団になった時に起こり得る現象や彼女たちの心理について、サスペンスやホラー要素を交えて表現している、小説家の春口裕子氏。…

2016.07.31

続きを読む

同僚・ママ友・姉妹、怖いけど面白い“女の友情”――嫉妬も独占欲も女同士で生まれる

『さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ』著者・永田カビさんインタビュー

レズビアン風俗に行ったのは母から自立するため 人間関係に悩んだ漫画家の生きづらさの乗り越え方

「誰と付き合った経験も 性的な経験も ついでに社会人経験も ないまま28歳になった私は 2015年6月、真っ昼間、レズビアン風俗でおねえさんと対峙していた…

2016.07.29

続きを読む

レズビアン風俗に行ったのは母から自立するため 人間関係に悩んだ漫画家の生きづらさの乗り越え方

『とりあえず結婚するという生き方』著者・池内ひろ美さんインタビュー

「年を取って後悔しても遅い」アラサー女性が“とりあえず結婚”を考えてみるべき理由

 晩婚化が進み、結婚に前向きではない男女が増える一方、街コンや相席居酒屋などの婚活ビジネスは盛況中です。矛盾を感じてしまいますが、結婚したい人とそうでない…

2016.07.28

続きを読む

「年を取って後悔しても遅い」アラサー女性が“とりあえず結婚”を考えてみるべき理由

匿名不倫座談会(後編)

男の半数は浮気している! 不倫が許される人と許されない人――「今どきの不倫」匿名座談会

 ベッキーに始まり、宮崎謙介前衆議院議員、乙武洋匡、桂文枝、石井竜也、とにかく明るい安村、三遊亭円楽、ファンキー加藤、などなど、芸能界から国会議員まで、な…

2016.07.25

続きを読む

男の半数は浮気している! 不倫が許される人と許されない人――「今どきの不倫」匿名座談会

匿名不倫座談会(前編)

不倫している女、された女、目撃した女――「今どきの不倫」匿名座談会

 ベッキーに始まり、宮崎謙介前衆議院議員、乙武洋匡、桂文枝、石井竜也、とにかく明るい安村、三遊亭円楽、ファンキー加藤、などなど、芸能界から国会議員まで、な…

2016.07.24

続きを読む

不倫している女、された女、目撃した女――「今どきの不倫」匿名座談会

日本初の「キャバ嬢さん専門カウンセラー」高野麗子さんインタビュー

イヤな男には「隠れ上から目線」 女が楽になるコミュニケーション術とは?

 働いていてもいなくても、女は大変だ。会社や地域でのセクハラ、パワハラは当たり前、ちょっとがんばれば「自立した女」としてけむたがられる始末。いったいどうす…

2016.07.19

続きを読む

イヤな男には「隠れ上から目線」 女が楽になるコミュニケーション術とは?

老舗ゲイディスコ「ニューサザエ」紫苑ママインタビュー

警察からも頼られる新宿二丁目のママが語る、老舗ゲイディスコが50年続く理由

 日本一のゲイ・タウン新宿二丁目に、年中無休のディスコがあるのをご存じだろうか。その名は「ニューサザエ」。1966年から続く老舗で、なんと今年9月で50周…

2016.07.15

続きを読む

警察からも頼られる新宿二丁目のママが語る、老舗ゲイディスコが50年続く理由

インタビューの記事一覧ページ。サイゾーウーマンはジャニーズ(嵐、関ジャニ∞、Kis-My-Ft2、Hey! Say! JUMP、SMAP、KAT-TUNなど)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップや劣化情報などをお届けします。女性誌レビューや人気連載陣によるコラムなども充実!