【連載】美容整形Dr.高須幹弥に訊く!

Sexy Zoneは本当に「顔面偏差値東大レベル」なのか? 美容整形Dr. 高須幹弥の判定は……

sexyzonezeninsyugoo.jpg
ジャニーさんの脳内世界を垣間見ているようです

【第13回】「高須幹弥センセイ、Sexy Zoneは“顔面偏差値東大レベル”って本当ですか?」
ジャニーズの中でも、トップクラスの美男子が集結しているといわれ、ファンを「顔面偏差値東大レベル!」と狂喜させてきたSexy Zone(佐藤勝利、中島健人、菊池風磨、松島聡、マリウス葉)。しかし、デビューまもなく、メンバー間で衣装や露出に格差が見え始め、一時は佐藤、中島、菊池だけでの活動となり、ファンをなにかと振り回してきた過去も。今回は、そんなSexy Zoneの「顔面偏差値東大レベル」伝説の真相に切り込む!! 高須クリニック名古屋院・院長の高須幹弥先生、Sexy Zoneの顔を、プロの目線で分析しちゃってください!

■“顔面偏差値東大レベル”の真相
 5人の中で一番のイケメンは、佐藤勝利くんですね。目力があり、彫りの深い顔立ちで目とマユの距離が近く、鼻筋も通っていて男らしい印象を与える顔です。でも、涙袋がほどよくあって、エラが張っていないことでシャープな印象も持ち合わせているので、男らしさの中に女性らしさも感じさせます。中性的な顔立ちを好みがちな、ジャニオタウケする顔なのではないでしょうか。

 中島健人くんも、佐藤くんと同じく目力のある彫りの深い顔で、イケメンだと思います。鼻が大きく、エラも張っていることでより男らしさが強調されているし、骨格的に口が少し出ているので、野獣系のワイルドな印象も与えますね。あえて欠点を挙げるとすれば、小鼻が少し横に広がっていることくらいです。

 ただ、菊池風磨くんは、ブサイクではないけれどイケメンでもないかなぁ(笑)。彼は5人の中で唯一の奥二重。まぶたの皮膚がかぶさって三角形の目になっているので、目力も弱く、細いことで一見怒っているようにも見えて、「冷たい」「怖い」などネガティブな印象を与えてしまいます。アゴ先がしゃくれていて、鼻は横に広がっていて、唇が厚いという欠点も見受けられます。でも、エラが張っていることで男らしさを感じられるので、クールな印象になって欠点をカバーしているのではないでしょうか。

 マリウス葉くんは色白でエラの張っていないシャープな輪郭なので、女性っぽい可愛らしい印象を与える顔ですね。成長期になると普通、顔の骨格が縦に長くなるのですが、ハーフの人はゴツゴツしていないシャープな輪郭になりやすいんです。ただ、マリウスくんの場合は中顔面とアゴ先が長いので、ハーフの中でも割と面長。幼少期の愛らしさが抜けてしまったのは、それが原因でしょう。あと同様に、ハーフにしては目が大きくなく、眼球自体も小さめなので目力が弱いですね。

ジャニーズの黄金メンバー構成だったとは!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  2. 『カウコン』意外な舞台裏
  3. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  4. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  5. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  6. マツコとSMAP間に不穏な空気?
  7. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  8. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  9. 芦田愛菜、テレ東深夜転落
  10. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  13. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  14. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  15. キャラ変え好調の乙武洋匡
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. 『べっぴんさん』紀夫人気が暴落?
  18. 「レンタル彼女」は法的に問題ない?
  19. 成宮寛貴、乱行写真を売った知人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 『カウコン』意外な舞台裏
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  4. 「木村が草なぎに負けることは許されない」元SMAPドラマ対決、ジャニーズ内が不穏な空気に!?
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. 覚せい剤使用体験の天国と地獄
  5. 閉経への期待が高まる「快楽白書」

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー