インタビュー

「その塗り方NGです」皮膚科医が、間違いだらけの「日焼け止めの塗り方」をぶった斬り!

yazawamasakosensei_edited-1
矢沢真子先生

 本格的に紫外線対策を始める人が増える今の季節、何となく“マイルール”で日焼け止めを塗っている人は少なくない。「朝、SPFの高い日焼け止めを塗れば、1日中問題なし」「UVファンデーションを使っていれば、顔に日焼け止めを塗らなくてOK」「日焼けしにくい体質だし、肌が荒れそうだから、日差しの強いところに行くときしか、日焼け止めは塗らない」という人などさまざまだが、果たして、これらのルールは正しいのだろうか。美容皮膚科「AOHAL CLINIC」の医師・矢沢真子氏に、今一度、正しい日焼け止めの塗り方と紫外線対策について話を聞いた。

紫外線には白内障やがんのリスクも

――近年、「日焼けはとにかく良くない」といわれるようになり、女性を中心に紫外線対策に精を出す人が増えている印象です。具体的に、どのような悪影響があるのでしょうか?

矢沢真子氏(以下、矢沢) 紫外線は光老化の原因になるので、シミやくすみができたり、肌の張りが低下してシワやたるみになったり、赤ら顔やニキビの悪化を招いたりもします。ただ、一番危惧されるのは皮膚がんです。「10歳までに当たった紫外線量が多ければ多いほど、皮膚がんになりやすい」ということが最近わかってきたので、お子さんがいる方は、子どものうちからしっかり対策をしてほしいと思います。健康面では、免疫機能が低下して疲れやすくなることも。また、目の日焼けは、角膜炎や白内障、加齢黄斑変性などの原因になるほか、目から入った紫外線によって活性酸素が作られ、メラノサイトを活性化させてシミができたりするので、UVカットの入ったサングラスをかけるなど、目の紫外線対策もしっかり行ってほしいと思っています。

――同じ紫外線量を浴びても日焼けしづらい、肌に影響が出にくいなど、個人差はあるものですか?

矢沢 スキンタイプによるので、個人差はありますね。メラニンは紫外線による肌のダメージを防いでくれるので、日に焼けて黒くなる人は、その抵抗力があるということです。一方、黒くはならないという人は、焼けていないように見えて、実はより紫外線のダメージを受けている可能性が大きいんです。「私は日焼けしにくいから」と対策を怠ると、のちのちシミやしわになることもあるので、油断しないようにしてほしいですね。

「SPF50塗っときゃ平気」は卒業するね

しぃちゃん

オンナの[裏]掲示板 新着コメント

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「その塗り方NGです」皮膚科医が、間違いだらけの「日焼け止めの塗り方」をぶった斬り!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性のカラダのニュースならサイゾーウーマンへ!