断食道場に駆け込む前に週末プチ断食! うわさのドリンクでカロリーダウン?

kouso200.jpeg

 もうすぐ今年度も終わり。新しい出会いがたくさんある季節に向けて、自分磨きを頑張りたいところです。一番最初に思いつくのはダイエットですが、いまだ女性たちの間では断食道場の人気が継続中。週末に自宅でカンタンにできるプチ断食も、ファスティングなんて呼ばれてウケているようで、実践している人も多いのだとか。確かに、目に見えて数字に変化が出るダイエット方法ではありますが、白湯だけとか、水だけしか摂れない断食は初心者には超ハード。つらいだけのダイエットは絶対長く続かないし、リバウンドも必至。そこまでつらい思いをせず、うまく断食を取り入れる方法はないかなと思っていたら、「これはイケそう!」という物を見つけたのでご報告します。満腹感もあり、栄養素も摂れるドリンクです。

 それがこの「ベジライフ酵素液」。野草、野菜、果物、海藻など90種類の植物原料を酵素の力で熟成発酵させたエキスだそうで、ばっちり栄養補給できちゃう酵素ドリンクです。体に無理をさせることなく食事と置き換えることができるのに、なんとカロリーは1杯14.2カロリー。普段の食事と比べて、大幅なカロリーダウンが望めます。ダイエット成功のメカニズムは、摂取カロリーを消費カロリー以下に抑えることに尽きるのですが、おなかが空いたら間食代わりに「ベジライフ酵素液」を飲むなんて使い方もできちゃいますね。

 あの浜田ブリトニーさんも「ベジライフ酵素液」を取り入れたダイエットで、開始から2カ月半でマイナス10kg、最終的には15kgも痩せたというから本当に驚き!「an・an」(マガジンハウス)や「AneCan」(小学館)など、数々の女性誌にも大々的に取り上げられて話題になり、なんと累計販売本数が100万本を突破している超人気アイテムなんです。

VL_box&bottle.jpg

 この「ベジライフ酵素液」の特徴は、なんといってもおいしいこと! そもそもまずかったら続きませんが、フルーティーですっきりした甘みで飲みやすい上に、オレンジジュースで割ったり炭酸水で割ったりと、いろんな飲み方が楽しめちゃうんだとか。これなら飽きずに自宅でプチ断食できそうです。

 置き換えダイエットだけでなく、健康のためにも週末に「ベジライフ酵素液」でお手軽断食をして体を休ませるのも、とっても体に良さそう。無理矢理なダイエットでただ不健康に体重を落とすのではなく、どうせ痩せるならキレイに痩せたいという方にぴったりの「ベジライフ酵素液」で、体の中からキレイに痩せてみませんか? 理想の体型を手に入れれば、自分にますます自信が持てるかもしれませんね。

ベジライフ酵素液

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  5. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. “もう終わった”イケメン俳優3人
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  12. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  13. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  14. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  15. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  16. 他人の記事をパクるのはこんな人
  17. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  18. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  19. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  20. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  5. マンガ『ヅャニーさん』34回

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!