「シリカウォーター」は美容に良い!? 海外セレブ愛飲のホントのところ

fijiwater.jpg

 みなさん、毎日飲む水って気にしていますか? 忙しい日々の中、特にこだわって選んぶ人はほとんどいないのではないでしょうか。コンビニにもたくさんのミネラルウォーターが並んでいて、選ぼうと思えばいくらでも選択できますが、硬いか軟らかいかしか水の違いがわからない……そんな声もよく聞こえてきます。そんな中、今世界中のセレブたちが愛飲しているとして、注目を集めている天然水があるんです。

 それが「フィジーウォーター」。この天然水が注目されている一番の理由は、この水が“美”を作り出してくれる水であるということ。南太平洋の楽園、フィジー原産のフィジーウォーターには、美のミネラルと呼ばれる「シリカ」が1リットルあたり92mgと豊富に含まれているんだとか。この「シリカ」はコラーゲンの促進を促し、髪や爪、骨の健康維持に役立つとされているミネラル。コラーゲンの組織を束ね、弾力のある肌を作る作用があったり、髪のパサつきや爪のひび割れを防いでくれるんだそう。また、骨の形成の初期段階でカルシウムのコラーゲン沈着をサポートして、骨を丈夫にする働きがあることも研究でわかったという、エイジングケアをしながら様々な美容効果が期待できる要素なんです。

 そのため、美容にこだわるセレブたちの間でフィジーウォーターは今ブーム。『24‐TWENTY FOUR』『LOST』『Sex And The City』など、アメリカのテレビラマにも数多く登場しているほか、日本の女性誌やファッション誌にもたびたび取り上げられ、浜崎あゆみもブログで紹介しているほど。そして、美容に効果があるとされる水は硬水で飲みにくいものが多い印象ですが、このフィジーウォーターは日本人の口に合う軟水。実際に飲んだ人からも“常温でもおいしい”“ほかの軟水より飲みやすい”“ほのかに甘い”という感想が多いよう。そんなところも人気の秘密なのかも知れません。

 そんなフィジーウォーターは、ただいまサマーキャンペーン中。期間中に公式サイトからフィジーウォーター通常商品を購入するか、定期購入プレミアムサービスを新規申し込みした方の中に、「フィジー楽園旅行」など豪華商品が当たるそうです。この機会に、公式サイトをチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

 水を取る機会の増える季節だからこそ、この夏は水の質にもこだわってみれば、美容のプロへと一歩前進できるかも。セレブたちが愛するフィジーウォーターで、体の中から美を作りだしてみるのはいかがですか?

フィジーウォーター

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  4. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  5. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  6. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  19. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム