[連載]ハリウッド版「あの人は今!?」

大事故から奇跡の復帰! ”ビバヒル”のブランドンの波乱万丈な人生

JasonPriestley.jpg
髪形が90年代のままっていうのがすごいよ!

――夢中になった映画やドラマに出演していた、あの人。パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! そんなアナタのために、サイゾーウーマンの海外特派員・JULIEが、噂のあの人の仕事からプライベートまで、現地で情報をかき集めてきました!

■今回のターゲット
ジェイソン・プリーストリー(『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』のブランドン・ウォルシュ役など)

 高級住宅街ビバリーヒルズで暮らす若者の日常を赤裸々に描いた、青春海外ドラマ『ビバリーヒルズ高校白書/青春白書』(1990年~2000年)。同作で、父親の転勤に伴いミネソタから引っ越してきた双子の兄ブランドン役を演じたのが、ジェイソン・プリーストリーです。ブランドンは融通の利かない優等生タイプだけれど、かなりのロマンチスト。超イケメンで何をしてもかっこいいジェイソンのイメージにぴったりで、たちまち大ブレイク。世間は『ビバヒル』「ジェイソン」ブームに沸きました。

 『ビバヒル』で押しも押されぬスターとなったジェイソンは、93年に西部映画『トゥームストーン』、97年には青春グラフィティ『カレンダーガール』、青年に恋する初老紳士の恋愛映画『ラブ&デス』に出演。繊細な演技が好評で、パッと出のアイドルスターではなく、実力派俳優として高く評価されるようになっていきました。『ビバヒル』での演技も認められ、ゴールデン・グローブ賞に2度もノミネートされています。

 子どもモデルとして5歳で芸能界入りしたジェイソンは、長年監督業に興味を持っていたとのこと。『ビバヒル』で何話か監督させてもらい、「固定イメージがつく」と98年に番組を降板した後も製作総指揮者として制作には携わり続けました。ほかにも、大ファンだというカナダのロックバンド「ベアネイキッド・レディース」のミュージック・ビデオを監督したり、バンドのドキュメンタリー作品をプロデュースするなど、多彩な才能を開花させていきました。

 カーレースが好きだったジェイソンは、91年にカリフォルニアのラリー・シリーズでレーサー・デビューも果たしています。95年にミシュランSCCAプロラリーでクラッシュを経験するも完走し、98年には初優勝。レーサーとして好成績をあげるようになり、どんどんのめりこんでいきました。

 99年から数年に渡り、ジェイソンはプライベートで不運に見舞われることになります。99年に『ビバヒル』の撮影現場で知り合ったメイクアップ・アーティストと最初の結婚をしますが、たった1年で離婚。同年12月にはハリウッド・ヒルで、愛車のポルシェが大破するほどの交通事故を起しました。幸い同乗者が腕を骨折するだけで済んだのですが、ジェイソンは飲酒運転で逮捕され起訴。禁固7日、麻薬・アルコール依存治療プログラムを受けるよう命じられています。

 そして、02年8月11日。ジェイソンはケンタッキー州北部にあるケンタッキー・スピードウェイでインフィニティ・プロシリーズ、ケンタッキー100出場に向けての練習中に、コントロールを失い、時速292kmの猛スピードで壁に激突。救出されたジェイソンは上半身血まみれで動かず、現場は凍りついたとのこと。

 病院に緊急搬送されたジェイソンは、脊髄骨折、頭蓋骨骨折、鼻の骨折、両足骨折と診断。シートベルトがレーシング服を突き破って首の横に鋭く食い込んだため大量出血もしており、とても危険な状態だったそうです。人工呼吸器を装着され鎮痛剤を打ち続けられたそうですが、事故直後から意識はあり、自力で呼吸もしていたとか! 医師も驚くほどの驚異的な回復力で3カ月後には退院したのでした。

 退院後、ジェイソンを待ち構えていたのは辛いリハビリ生活でした。しかし、入院時も献身的に看病してくれたガールフレンド、ナオミが付きっきりでサポート。ナオミは「事故直後のジェイソンは本当に酷かったの。ヘルメット越しに顔面をハンドルに強打して鼻の骨を折り、鼻の位置が額までずれてしまっていた。衝突時に凄い重力がかかったらしく、両目もテニスボールくらい膨れ上がっていて。誰もが絶望したわ」と当時を振り返っていますが、どんなに酷い状態でも笑顔で「大丈夫、大丈夫よ」と励まし続けたそうです。

 大事故をきっかけにジェイソンはカーレースを引退。リハビリをしながら少しずつTV映画に出演するようになり、04年秋からドラマ『トゥルー・コーリング』に悪役としてレギュラー出演。俳優として完全復活し、05年には辛い時期に支えてくれたナオミと再婚。現在はTVドラマやTV映画への出演、監督、プロデューサーとして活躍しています。

 08年にスタートした『ビバヒル』のスピンオフ作品『新ビバリーヒルズ青春白書』には監督として参加し、話題となりました。カナダのダークコメディードラマ『Call Me Fitz』では主役の自己中心的な中古カーセールスマンを演じており、こちらも好評です。プライベートでは、07年に長女が、09年には長男が誕生しており、よき父親、よき夫として知られています。

 イケメンでチャレンジャーだけれど、地に足が着いており実はかなり堅実なジェイソン。41歳の彼が次にどんなプロジェクトに取り組むのか、楽しみです!

JULIE
海外生活20年以上の、海外芸能ジャーナリスト。 ゴシップサイトやタブロイド紙を毎日巡回中。ルーペ・ヴェレスからレディー・ガガまでイケる雑食系。世界各地から情報を取り寄せ、粘着質的にリサーチするのが大好物。

『新ビバリーヒルズ青春白書 90210 シーズン1 DVD-BOX Part1 』

ケリーやドナ、ナットさんまでゲスト出演してるらしいよ!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
ヌードを経て、歌手への夢を掴んだ”『ビバヒル』のジャネット”
“ビバヒル”のトリ・スペリング、因縁の母親とのバトルが再燃!
ドラッグ中毒でも演技は天才的、エドワード・ファーロングのジャンキー人生

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  4. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. ムショ飯はうまいのか?
  9. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  10. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. “消えたAKB48”河西智美は今
  13. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  14. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  15. 新春ジャニオタ放談
  16. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  17. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  20. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  3. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 他人の記事をパクるのはこんな人
  3. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー