[連載]ハリウッド版「あの人は今!?」

ヌードを経て、歌手への夢を掴んだ”『ビバヒル』のジャネット”

LindsayPrice01.jpg
『ビバヒル』でもお馴染みのリンゼイアン
グルよ~

――夢中になった映画やドラマに出演していた、あの人。パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! そんなアナタのために、サイゾーウーマンの海外特派員・JULIEが、噂のあの人の仕事からプライベートまで、現地で情報をかき集めてきました!

■今回のターゲット
リンゼイ・プライス(『ビバリーヒルズ 高校/青春白書』のジャネット役など)

 超高級住宅街ビバリーヒルズを舞台に、10代の若者たちが恋愛、友情、進路に悩みながら成長していく姿を描いた、海外ドラマ『ビバリーヒルズ 高校/青春白書』。90年代に一世を風靡した同作で、いいかげん男・スティーブのセックスフレンド→恋人→妻へと昇格し、女性の幸せを手に入れた日系二世のジャネットを演じていたのが、リンゼイ・プライスです。それまでアメリカ人が抱いていた「メガネをかけて、目が細く、出っ歯でカメラをさげている」日本人イメージを一掃した彼女は、7歳から子役として活躍しており、演技力はピカイチ。ほかの女性キャストらにはない、エキゾチックなアジアンビューティーとして注目されるようになったのでした。

 『ビバヒル』では、日系人役を演じたリンゼイですが、実は韓国人とのハーフ。孤児だった母親は、幼い頃アメリカ人夫婦に養子として迎えられ、その夫婦の息子と恋仲になり結婚。兄妹として育った両親を持つ、少々複雑な家庭に生まれ育っているのです。

 『ビバヒル』に2年間レギュラーとして出演し、女優としての知名度を上げたリンゼイですが、番組終了後は、『CSI:科学捜査班』『デッド・ゾーン』など、人気TVドラマにゲストとして出演する程度に。女優活動を最小限に留め、ブラウン管から遠ざかってしまいました。実はその間、ずっと暖めていた「シンガーソングライター」という夢に向かって、歩み出していたのです。

 何よりも歌が好きだったというリンゼイは、子役として目まぐるしい日々を送っていた9歳のときに、ピアノのレッスンをスタート。ダンス・クラスを通してリズムを身につけ、有名なボイス・トレーナー、セス・リグスの元で声楽を学ぶなど、かなり本格的なトレーニングを受けていました。

 「音楽にはリミットがない。無限大の魅力がある」「音楽を通して、自分が演じてみたい役を演じることができる」そう身体で感じるというリンゼイは、『ビバヒル』終了後、地元ロサンゼルスの有名ライブバーを渡り歩き、自ら作詞・作曲した歌を披露する、充実した日々を過ごしていたのです。2005年には、ファーストアルバム『Someone Like Me』をリリース。「アジア人っぽくない。アジア人過ぎる。そんな理由で多くの役を逃してきた。だからこそ、演技力が伸びたのだろうけど、欲求不満やイライラした気持ちが溜まって。それを、歌にぶつけたの」というこのアルバムは、ライブバーでかなりの評判に。

 『恋するアンカーウーマン』などTVドラマの挿入歌として採用されたり、すぐに放送中止となりましたが『Coupling』という作品の主題歌も担当。映画でバーの歌手として出演するなど、大好きな歌を思う存分歌う日々を送っていたのです。

 30歳を超え、人間として女性として熟してきたリンゼイは、再び女優としての挑戦を開始。『SEX AND THE CITY 』原作者の小説をドラマ化した、『Lipstick Jungle』へブルック・シールズらと共に出演。ドラマ放送直前に、男性誌「エスクァイア」で初のヌードを披露し、美しいボディラインで男性だけでなく女性も魅了し、再ブレイクの兆しを感じさせました。

 残念ながら『Lipstick Jungle』はシーズン2で打ち切りとなってしまいましたが、リンゼイはすぐに映画『イーストウィックの魔女たち』のTVリメイク版へのレギュラーをゲット。『アグリー・ベティ』のアレクシス役を演じたレベッカ・ローミンと、息のあった演技を披露し絶賛されています。

 気になる男性関係ですが、04年に結婚した『デッドゾーン』の監督ショーン・ピラーとは07年に離婚。俳優のロバート・バックリーと短期間交際した後に、大ヒットTVコメディー『ママと恋に落ちるまで』の主役ジョシュ・ラドナーと付き合い、タブロイド誌を大いに賑わせました。ジョシュとは昨年破局し、現在はオーストラリア出身の人気セレブリティー・シェフ、カーティス・ストーンとラブラブ交際中です。

 年を重ねるごとに美しさが増しているリンゼイ。女優としてシンガーソングライターとして輝き続ける彼女から、今後も目が離せそうにありません。

JULIE
海外生活20年以上の、海外芸能ジャーナリスト。 ゴシップサイトやタブロイド紙を毎日巡回中。ルーペ・ヴェレスからレディー・ガガまでイケる雑食系。世界各地から情報を取り寄せ、粘着質的にリサーチするのが大好物。

『ビバリーヒルズ青春白書 シーズン6 コンプリートBOX Vol.2』

見てた見てた、そしてアメリカにかぶれたわ~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでます】
『ダーマ』を卒業後、宗教と女優業を両立したジェナ・エルフマン
『アリー my Love』のポーシャ・デ・ロッシ、摂食障害と同性愛の末に見たゴールは?
『デス妻』トップの暴君政治!? 主演の告発で分裂する主演女優たち

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  6. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  7. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  8. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  9. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  10. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  11. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  12. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  13. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  14. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  15. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  16. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 藤原さくら、違和感だらけの起用

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに