『オバサンと言われても結婚したい!』作者がぶっちゃけます

アラフォー婚活で起こった“2大悲劇”エピソード! 『オバサンと言われても結婚したい!』作者がぶっちゃけます!

2020/10/17 17:00
白戸ミフル

 コロナ禍でイベントや合コン等に行きづらくなり、婚活が思うように進んでいない方も多いかと思います。特に、アラフォー以上の方々は過酷な婚活を強いられているのではないでしょうか。そんなアラフォー婚活で起こった悲劇を、『めちゃコミック』で自身のアラフォーからの赤裸々な婚活を漫画化した『オバサンと言われても結婚したい!~元美人がガンと闘病しながら婚活した話~』を連載している漫画家・ライターの私、白戸ミフルが自らの経験談から紹介します。

ハワイのクラブでオバサン呼ばわり

 数年前、アラフォー同級生の婚活仲間と「アラフォー独身だけど、何かをやり遂げたい!」と、ホノルルマラソンに参加することを決意しました。

 それまでまったく運動をしていなかった筆者ですが、1年ほど走り込んで準備をし、観光も兼ねてウキウキでハワイに行った時のことです。3泊5日の短い滞在でしたが、マラソンは3日目だったので、初日だけは遊んじゃえと、事前に「ホノルルマラソンの日本人参加者は経営者が多い」という噂をキャッチしていた筆者達は、出会いも大いに期待して、いそいそと夜の街にでかけたのですが……。

 結論、いくつか盛り場をハシゴしたこともあり、アラサーの静岡在住(東京じゃないというのが少々がっかりポイントなのだが)の経営者や、アラフォーの東京のIT企業の経営者との出会いはあったのですが、最後に悲劇が起きたのです!

 飲み足りないと思っていた私達は最後にホテルの近くのクラブに行ったのですが、そこで「VIPで一緒に飲もう」と声をかけられ、ノコノコついていったところ……。待っていたのは、デブサイクで不潔などうみてもアラフィフ以上のオッサンだったのです!

 とはいえ、見てすぐ退散なんて失礼なことはできないと、1杯だけ飲んでいこうと、お邪魔しようとすると、即刻そのデブサイクが「オバサンじゃん!」と一言。

 一瞬何か起きたのかわからず、まわりを見回してしまいましたが、間違いなく自分に向けられた言葉でした(泣)。
その後、ショックと怒りでとても飲む気になれず、帰りましたが、デブサイクオッサンに言われるのは納得いかないものの、初めて“オバサン”であるアラフォーの自分を自覚せざると得ない出来事でした。

 そして“オバサン”化したのは、1年間の走り込みで、紫外線を浴びてシミ・シワが増えてしまったからだと言い訳(泣)して、美白対策も強化しました。でも、肌って大事ですよね。

乳がんステージ4だった私が、それでも合コンに行きまくって救われた話/白戸ミフル
顔面に刻まれたアラフォーの自覚……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

アラフォー婚活で起こった“2大悲劇”エピソード! 『オバサンと言われても結婚したい!』作者がぶっちゃけます!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! コラムのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ