深谷耳鼻咽喉科クリニック院長・深谷和正先生インタビュー

新型コロナウイルス流行で大打撃! 2020年花粉症シーズン「マスクがないとき」の対策を耳鼻科医に聞く

2020/02/24 18:00
深谷和正医師

花粉対策グッズ、医師の見解は?

 対策グッズでは、ほかにも花粉をガードするスプレーが一般的だ。こうしたスプレーは、静電気の発生を防ぐことで、花粉を寄せ付けない仕組みになっているようだが、深谷先生は、「そこまで大きな効果は期待できないかもしれません」と漏らす。

「スプレーには保湿作用もありますよね。雨が降ると症状が出にくいように、空気中に水分が多ければ花粉が落ちるものなのですが、その点に関しても、顔や体の周りにずっとスプレーの液体が舞っているわけではないと考えると、それほど効果があるのだろうかと感じますね」

 一方で最近では、直接鼻に差し込んで使用する鼻専用のマスクも注目を浴びている。

「一般的なマスクと同じ素材のようなものであれば、鼻で呼吸を行うことにより加湿され、花粉が体内に入ってくることを防ぐ効果は望めるように思います。理屈の上ではおかしくはありません」

 なお、こうしたセルフケア以外では、やはり「病院でアレルギー症状を抑える薬」を処方してもらうことが重要だという。深谷先生いわく「できれば症状が出る前から飲み始めてほしいです。住んでいる地域の花粉飛散開始日の1週間前から飲んでおけば、問題ないと思います。ただ、花粉症の患者さんは、症状が出ないと病院に来ないんですよね(笑)」とのこと。

 すでに花粉症の症状が出始め、マスクがないと慌てている人は、ぜひ深谷先生の助言を実践してみてほしい。
(解説・深谷和正先生 取材/文・サイゾーウーマン編集部)

深谷和正(ふかや・かずまさ)
深谷耳鼻咽喉科クリニック院長。浜松医科大学医学部卒業。慶応義塾大学耳鼻咽喉科医局入局、佐野厚生総合病院、川崎市立川崎病院、静岡市立清水病院、東松山市立市民病院に勤務の経歴を持つ。

最終更新:2020/02/24 18:00
Kodi 花粉メガネ アイサポーター アイセーバー ゴーグル 花粉 グラス めがね 眼鏡 花粉症 防塵 ドライアイ 対策
目玉を取り出してタワシで洗いたい季節の到来です

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

新型コロナウイルス流行で大打撃! 2020年花粉症シーズン「マスクがないとき」の対策を耳鼻科医に聞くのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 健康のニュースならサイゾーウーマンへ!