吉野一枝先生インタビュー

豆乳を飲むと「生理痛軽減」「ダイエット効果あり」!? ネットのうわさを婦人科医がジャッジ

soymilk_daizu.jpg

 水に浸した大豆をすりつぶし、煮詰めた汁をこして作られる“豆乳”。大豆に含まれる栄養素が凝縮されていることから、美容や健康意識の高い人たちの間で注目されています。成分の1つである大豆イソフラボンが“エストロゲン”という女性ホルモンに似た構造を持つことから、「女性の体にいい効果が得られる」というイメージも強く、豆乳を飲むことで「生理痛が和らぐ」「ダイエット効果が得られる」など、真しやかにささやかれるのもよく耳にするのではないでしょうか。そこで今回は、「よしの女性診療所」の医師で産婦人科医・臨床心理士の吉野一枝先生に、豆乳の都市伝説の真偽についてお話を伺いました。

――女性ホルモンの作用を上げるために豆乳を愛飲している女性がいますが、効果はあるのでしょうか?

吉野一枝先生(以下、吉野) 豆乳に含まれるイソフラボンが女性ホルモンに似た働きをするためには、腸内細菌で分解されたときにできる“エクオール”という成分が必要になります。エクオールが女性ホルモン様の働きをするのですが、体内でエクオールを生成できるのは、米国人で27.6%、中国人で54.9%、日本人は50.0%です。つまり、日本人の2人に1人は、豆乳を飲んでも女性ホルモン様の作用を期待できないということ。さらに腸内細菌は体調などで日々変化するので、エクオールを生成できる体質であっても常に100%の状態ではないのです。それにイソフラボンの恩恵を受けられるのは更年期の年代で、若い人にはあまり関係ありませんよ。

――若い人が飲んでも効果がないのですか? 実際に、20~30代の女性も「女性ホルモンの分泌を増やすことで美肌になりたい」と豆乳を飲んでいます。

吉野 女性ホルモンの働きには年代変動があって、20~30代前半は一生涯の中で最も分泌されている時期なんです。摂れば摂るほど効果を得られるというものではないので、体内生成で十分足りているこの時期に、外からイソフラボンを摂取しても、大海に一滴の水を足したぐらいの効果しかありません。女性ホルモンの分泌量は35歳を過ぎると徐々に減っていくので、更年期などの症状が出始めるようになったら補う必要が出てきます。

「豆乳も飲みすぎると太る」は肝に命じたい

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  8. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  9. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  12. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  13. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  14. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  17. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  18. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. 「二度と仕事したくない」勘違い女優

ジャニーズの人気記事

  1. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  2. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. 木村拓哉の足首タトゥーが解禁?
  5. キムタクは「がんばっちゃう男」である

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 私たちが知らない『クリミナル・マインド』の7つのこと