高額で大ブーイング

「世界一稼ぐモデル」ジゼル・ブンチェンが、8万円超えの高額写真集を発売!

GiseleBundchen01.jpg
ジゼルとトムの荒稼ぎ夫婦でございます

 世界一稼ぐモデルとして知られるブラジル出身のスーパーモデル、ジゼル・ブンチェン。ドイツ系ブラジル人夫婦のもとに誕生し、双子の妹を含む5人姉妹にもまれながら育ったジゼルは、14歳でモデルとしての活動を開始。16歳でニューヨーク・ファッション・ウィークのモデルを務め、注目されるようになった。

 ランウェイモデルとしてはもちろんのこと、高級ブランドの広告塔としても引っ張りだこになったジゼルは、俳優レオナルド・ディカプリオとの交際で、モデルに興味のない一般人にもその名が知られるように。2人の華やかなロマンスは連日のように報じられ、ジゼルは世界的知名度を得た。レオナルドとはゴールイン間近とゴシップされたものの破局。その後、付き合うようになったアメリカの国民的アメフト選手、ニューイングランド・ペイトリオッツに所属するトム・ブレイディと2009年2月に結婚。同年12月には長男、12年12月に長女を出産したが、すぐにモデル業に復帰。体型がまったく変わらず、「奇跡」と称賛された。

 身長180センチ、体重57キロ、スリーサイズは86・61・86、おまけに9頭身という驚異的な体型のジゼルは、35歳になった今もモデルとして第一線で活躍。スキンケアブランドやサンダルブランドなどを手がける実業家でもあり、昨年の年収は4,400万ドル(約52億8,000万円)と9年連続でモデル番付第1位に輝いている。しかし、今年4月に「自分の体が、もうやめてって言ったから」とランウェイモデルの引退を発表。「これからは家族を最優先する」という声明も出しており、潔い引退宣言だと話題になった。

 そんなジゼルが、モデル人生20年の集大成ともいえる写真集を発行すると発表。しかも、誰もが気軽に購入できるようなものではなく、庶民が手を出しにくい大変高価な作品になるというのだ。

 英大手タブロイド紙「デイリー・メール」によると、その写真集は大型のハードカバーで値段は700ドル(約8万4,0000円)。手がけるのは、美術、芸術、建築書、写真集などをメインに扱っているドイツの出版社「タッシェン」で、ジゼル自身が厳選した300枚を超える写真で構成されるという。1,000冊しか発行されない限定販売で、全冊にジゼルのサイン入るお宝写真集になる。

遠征に何万円も費やしている身としてはなにも言えないっす……

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!