“奇跡のリンゴ”で10歳若く? 4カ月腐らない神秘のエキスで時短スキンケアを目指す

minayo-skin.jpg
渡辺美奈代も愛用だとか

 紫外線がキツい季節になってきましたが、お肌のケア、ちゃんとしてますか? 仕事や家事で忙しくて、洗顔後も適当にパシャパシャしておしまい……という女性、結構いるんじゃないでしょうか。しかし年齢とともに、自分の肌の再生力だけではなかなかコンディションをキープできなくなってくるのが実情。今のうちにしっかりとケアをしておかないと、何年後かの自分が今の自分を恨むことにだってなりかねません。肌が求めているものを効率よくしっかりと与えてくれて、なおかつどんなに忙しくてもカンタンにケアできる……そんな優秀アイテム、どうやら見つけてしまったようです!

 それがこの「スキンフェアリー」。渡辺美奈代さんも愛用しているというオールインワンゲルです。オールインワンの名の通り、化粧水、乳液、クリーム、美容液、パック、化粧下地の1品6役をこなしてくれるという優秀アイテムで、今話題となっているんだそう。

apple.jpg
左は普通のりんご。右がウトビラー・スパトラウバー

 年齢とともに現れるシミやたるみ、ほうれい線などの原因の1つが、肌の表皮の生まれ変わりであるターンオーバーの乱れ。ターンオーバーが正常に働くなくなると、乾燥、シミ、くすみといった憎っくき肌トラブルを引き起こしてしまうんです。その年齢とともに落ち込むターンオーバーを活性化させてくれるのが、希少品種として保護認定されているリンゴ“ウトビラー・スパトラウバー”の幹細胞なんだとか。

 4カ月間腐らない奇跡のリンゴと呼ばれている、この“ウトビラー・スパトラウバー”から抽出した美肌エキスが肌の幹細胞に栄養を与え、肌本来の再生能力を助け、肌のターンオーバーを引き起こすんだとか。さらに「スキンフェアリー」にはプラセンタ、スクラワン、加水分解コラーゲン、ヒアルロン酸ナトリウムといった、4つのお馴染みの美肌成分をバランスよく配合。しかもオールインワンだから時短にもなり、なんだか万能感があります!

 いくらメイクを研究しても、土台の肌がぼろぼろでは台無し。つるつるキラキラのお肌はそれだけで実年齢より若く見えちゃうことうけあいです。トライアルセットは現在1,000円、定期便なら2回目以降もお得な価格で送料無料、かつ二の腕プラチナバームももらえるみたい。しかも全額返金保証制度もあって、いつでも解約できるというのがとっても安心ですよね。

skin-syohin.jpg

 単なるオールインワンではなく、奇跡のりんごのエキスを配合した魅惑のアイテム「スキンフェアリー」で、ファンデ不要のたまご肌を目指してみませんか?

4カ月腐らない神秘のエキス配合「スキンフェアリー」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. ムショ飯はうまいのか?
  16. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  17. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  18. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  19. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  20. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー