“常識外れ”の美肌を実現!? 山田優も愛用する超高濃度炭酸コスメとは

yamada-sum.jpg

 新しい年が始まり、今年こそ女子力の向上を! と企んでいる方も多いはず。ダイエットにコスメの研究に……とやるべきことは山ほどありますが、断言します。まず手をつけるべきは美肌作り。大昔から美人の条件は肌がきれいなことに決まっていますが、忙しい毎日、不規則な生活などで、現代女性の肌はSOS状態なことも多いですよね。加えてこの冬の時期は、外気や暖房による乾燥で、ますます肌は悲鳴を上げています。しかしそんな悩みを解消してくれるアイテムが、今モデルや美容にうるさい人たちの間で評判になっているというのです。

 そのアイテムが「iN-BE+v カーボミスト」。あの山田優や、カリスマ美容ブロガーの仲村美香なども愛用しているという、コスメフリークたちの中で今アツい炭酸美容スプレーです。炭酸美容は今や美容通の間では定番になってきている美容法ですが、本気で効果を出そうとすると、やはりエステの炭酸ミスト機械など、お金も時間もかかる方法を取っている人が多いよう。しかしこの「iN-BE+V カーボミスト」はエステクラスの、十分すぎる炭酸美容ケアができると話題のアイテムなんです。

sum2.jpg
効果には個人差があります

 その秘密は、なんといっても超高濃度炭酸。炭酸美容のキーは含まれる炭酸の量ですが、「iN-BE+v カーボミスト」は10,000ppm以上の高濃度炭酸が1本に含まれているという常識をぶち破ったスプレー。炭酸ガスには肌の内部に入り込みやすく、浸透して酸素不足になったという錯覚を肌に起こさせる作用があり、そうすると肌は酸素を取り込もうと必死に血管を拡張して、血流を促進させます。これを「ボーア効果」といい、炭酸が高濃度であればあるほど、このボーア効果が多く作用するので、目に見えるくらいの即効性を実感できるのだそう。顔色がワントーン明るくなったり、顔の半分だけ吹き付けると、左右で明らかに違いがわかるくらいフェイスラインが引き上がる人もいるとか!

 たるみやくすみなどの年齢肌や、ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルの多くは、肌の滞りからくるそうで、そんな悩みがある人にはめぐりを良くしてくれる「iN-BE+v カーボミスト」はぴったり。さらにプラセンタエキスやヒアルロン酸Na、ビタミンC誘導体など美容成分も多く含まれているので、美肌作りにはもってこいです。

 持ち歩けるスプレータイプだから、自宅でもオフィスでも、どこでもシュッとケアできるのも手軽でいいですよね。肌の悩みをオールケアしてくれる「iN-BE+v カーボミスト」で、今年は発光するような肌作りを目指してみましょう!

iN-BE+v カーボミスト

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  2. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. りゅうちぇる、ビジネス結婚報告の手法
  5. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  6. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  7. 「GENKINGの二の舞」とウワサの芸能人
  8. 藤原さくら、違和感だらけの起用
  9. 芸能プロ震撼させた「暴露ブログ」
  10. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  11. “もう終わった”イケメン俳優3人
  12. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  13. 香里奈『嫌われる勇気』、視聴者総スカン
  14. 評判の悪い“二世タレント”を実名暴露
  15. 「臨場」シリーズもご臨終……。内野聖陽がショックのあまり白髪に
  16. テレビとギャップありなジャニーズ
  17. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  18. GENKING、元カレ質問で大失態
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  2. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  3. テレビとギャップありなジャニーズ
  4. マッチの葬式にはしゃぐ井ノ原
  5. ジャニーズ生写真売り上げ【12月】

カルチャーの人気記事

  1. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  2. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  3. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー