海外セレブが実践する「VLCD」って? 30~40代の日本女性こそ取り入れたいダイエット新理論

mimitan-odebu.jpg

 20代の頃に着ていた服やファッションが、30代になると途端に似合わなくなるとはよくいいますよね。ペラペラの服を大人が着ていると格好悪いから、というのもありますが、それよりも体形が崩れてファッションがキマらないことが原因かもしれません。洋服屋の試着室で「こんなところに肉がついてる!」と驚くこともありますよね。ほっといてもカロリーを消費してくれた10~20代の体と違い、30代からは意識的に体を動かさないと肉がついていく一方です。

 30代女性と同じく、太りやすいとよくいわれているのが欧米の女性。海外セレブをみても、マライア・キャリーやクリスティーナ・アギレラなどなど、激太りで騒がれた女性は大勢います。そんな太りやすいセレブの間で話題になっているのが、「VLCD(ベリー・ロー・カロリー・ダイエット)」なんだとか。これまで、健康的に痩せるためには1日に最低1,200キロカロリーは必要とされてきましたが、栄養がしっかり取れていれば摂取カロリーが極度に抑えられていても栄養障害は起きないことが、近年国際的な医学会で発表されたんだそう。そして、この発表を受けて生まれたダイエット法が「VLCD」。激太りからダイエット成功でニュースになったレディー・ガガも「VLCD」実践者なんだそう。

 そんな話題のダイエット法ですが、日本では「デルダス酵素」というドリンクで簡単に実践できるようです。一大ブームを起こした酵素ドリンクは記憶に新しいですが、「デルダス酵素」はVLCD理論を取り入れた上、90種類の野草果実酵素が配合されている、水で希釈するタイプのドリンク。VLCDで一番重要なのは、必要な栄養素を摂取することですが、「デルダス酵素」はデーツという栄養価の高いフルーツを主成分にすることで、コップ1杯で栄養が補えるんだそう。

 また、「デルダス酵素」はプラセンタも配合。プラセンタは特に空腹時に吸収されやすいという特性があるそうで、ダイエット中の女性との相性は抜群。減量中でお肌がボロッボロ、爪や髪もガサッガサなんて事態にならないようプラセンタをしっかり取っておきたいですね。味はプルーンのようなフルーティーなテイストで、カロリーは1杯分(20cc希釈時:120cc)で約36キロカロリーと超ローカロリー。ダイエットに一番効果的なのは夕食の置き換えで飲むことなんだとか。

 しかし、VLCDを実践する上で一番大きな障害が「空腹感」。これに負けてダイエットを断念する人がとても多いそうです。「デルダス酵素」は、空腹感を解消させることに着目し、おなかの中で膨らむ「まんぷくデルダス」をセットにしているんだとか。成分はこんにゃくの主原料であるグルコマンナンという食物繊維が豊富な物質。無味無臭で溶けやすいので、簡単に「デルダス酵素」に混ぜて飲むことができるそう。これが胃の中で17倍に膨れるというから驚きです。この「まんぷくデルダス」を併用することで、「空腹に苦しむことなく痩せられた」「減量成功だけでなく、不規則だった便通が改善した」などうれしい声も上がっているんだとか。

 太りやすい体質の欧米女性やセレブに支持されているという「VLCD」なら、30~40代の頑固な脂肪も撃退できるかも? 「デルダス酵素」でセレブのように20代の頃の体形を手に入れちゃいましょう。

デルダス酵素

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク