どこの国でもオタは現実見ず!

J・ビーバーがストリッパーの乳首を甘噛みする写真が流出するも、ファンは「コラだ!」

justinamagami.jpg
「TMZ」より

 2012年末に最愛の恋人セレーナ・ゴメスに振られてからというもの、悪友たちの影響を受け、不良の道をまい進しているジャスティン・ビーバー。マリファナ吸引や薬物摂取に飲酒、車の暴走行為に暴行など、問題行為はエスカレートするばかりで、先日にはアメリカとカナダで立て続けに逮捕されるという最悪な事態にまで発展している。

 しかしこれらの問題行動は、セレーナに振られたことによる傷心や、パパラッチやマスコミの行き過ぎた取材に対する憤りから、憂さ晴らしのようにやっているものとされ、ビリーバーと呼ばれるジャスティンのファンたちは「彼は悪くない」とかばい続けた。ジャスティンはイエス・キリストの顔をタトゥーにするほどの敬虔なクリスチャンであり、11年には、米音楽誌「ローリング・ストーン」のインタビューで、「愛のないセックスなんて考えられない」「中絶は赤ん坊を殺すことと同じだから反対」と述べるなど、性には保守的な考えを持っていることを公言している。昨年4月には、ビリーバーと書かれた少女とベッドインする絵をインスタグラムで公開し、「誰よりもファンを愛している。信じてほしい」というメッセージを発信。ビリーバーはその言葉を信じ、彼を応援し続けているのだ。

 しかし、そんなファンもさすがにドン引きするであろう写真が流出した。大手ゴシップ芸能サイトに、目をつぶりながらうっとりと巨乳を甘噛みしているジャスティンの姿がデカデカと掲載されてしまったのだ。

 米ゴシップサイト「TMZ」は1日、先日アメリカで一緒に逮捕された歌手カリル・シャリーフと共に、目をつぶり女性の乳首に口をつけているジャスティンの写真を公開。この写真は、ロサンゼルスのレコーディングスタジオで開催されたパーティーで撮影されたもので、見るからにシリコンが入っていそうな爆乳の持ち主は、パーティーを盛り上げるために雇われたストリッパーとのこと。女性の顔は出ていないが、「ジャスティンの母親であってもおかしくない年齢」だったという。ジャスティンとカリルの口元にはモザイクがかけられているため、舌を這わせているのか、吸っているのか、舐めているのかはわからないが、記事には「愛咬」したとの説明があり、カリルが歯を見せて噛んでいることは確実なことから、ジャスティンも舌を這わせながらソフトに甘噛みしていると見られている。

 ジャスティンはビリーバーたちに嫌われることを最も恐れており、今回流出した写真はあまりにも生々しいため、ネット上では「ファン離れは確実」だという声が上がった。「TMZ」のコメント欄には、「キモすぎる」「吐き気がする」というコメントが次々と書き込まれ、お祭り騒ぎに。そんな中、ビリーバーたちは、「写真は明らかにコラなのっ!」「本物の乳じゃないんでしょ。整形なんでしょ。偽物だからカウントしない!」と必死に書き込み、ジャスティンをかばっている。

 10年8月に、米女性誌「ELLE」の特集で14歳年上のキム・カーダシアンとビーチでずぶ濡れになりながら戯れる写真が撮影され、「いたいけな少年に、なんてことを!」と世間に心配されたジャスティンが、たった3年半でここまでチャラくなるとは、一体誰が想像できただろうか。ビリーバーたちは必死にジャスティンをかばっているが、「ひょっとして……」という疑心に苦しんでいるに違いなく、心中穏やかでないはずだ。ビリーバーが憑き物が落ちるように目が覚める日もそう遠くないだろうという声もあり、彼女たちの心を弄んできたジャスティンは確実に痛いしっぺ返しを食らうことになるだろう。

「甘噛み王子」!!!!!!!!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  12. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  13. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  14. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  17. 他人の記事をパクるのはこんな人
  18. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  19. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  20. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. マンガ『ヅャニーさん』34回
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 新春ジャニオタ放談

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「捨てられる妻」の典型とは?

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!