シーズン3で死ぬはずだった人気キャラは……

降板時にデス・パーティーを開催!? 『ウォーキング・デッド』の興味深いトリビア10選(後編)

walkingdead-s1-2
『ウォーキング・デッド』Blu-ray BOXより

(前編はこちら)

6.キャストのマグショットが存在する

 シーズン2から登場した農場のオーナー兼獣医師で、頑固だがなにかと頼れる、善人キャラクターのハーシェル・グリーン。髪も眉毛もひげも白い穏やかな風貌だが、彼のマグショットが流出する騒ぎがあった。ハーシェル役を演じるスコット・ウィルソンが、飲酒運転で逮捕されてしまったのだ。

 スコットは2012年8月18日午前2時、スピード超過で警官に車を停止させられた際、飲酒運転だったことが発覚。シーズン3を撮影しているジョージア州セノアのレストランバーでスコッチやワインをしこたま飲んでおり、警官に「道路が傾いている」「ヨガをしたい」と意味不明なことを訴えていたそう。マグショットは、撮影の最中ということもあり、ハーシェルそのまま。

 シーズン5から登場する神父のゲイブリエル・ストークス。演じるのはセス・ギリアムだが、彼も飲酒運転で逮捕されており、マグショットがネットに出回っている。15年5月3日深夜にスピード違反で警官に止められ、飲酒運転がバレた上にマリファナ所持容疑で逮捕。スコット同様、「神父ゲイブリエルのマグショット!」だとネットをにぎわせた。

 ちなみにウォーカー役のエキストラ、シャノン・リチャードソンという女優は、13年5月に当時のオバマ大統領やブルームバーグ・ニューヨーク市長に猛毒リシンを入れた封書を郵送したことで逮捕。禁錮18年の刑に処されている。

7.シーズン3で死ぬはずだったキャロル

 ウォーカーがはびこる壮絶な世界でサバイブしていく『ウォーキング・デッド』のキャラクターたちは、シーズンが進むにつれ、みんな強くなっていく。中でも最も強く変化したのは、キャロル(メリッサ・マクブライド)だろう。

 キャロルは最初、DV夫に共依存していた弱々しい女性だったが、夫が死に、ウォーカー化した一人娘も倒され、シーズンを重ねるにつれて精神的に強くなった。誰よりも現実的に物事を考えられ、実行力もあるため、番組にはなくてはならない重要なキャラクターとして人気を集めているのだが、当初はシーズン3でウォーカーにかまれて死ぬという設定だった。同シーズンで、Tドッグ(アイアン・シングルトン)が己を犠牲にしキャロルを逃すシーンがあるが、もともとはキャロルがウォーカーの餌食となり、Tドッグが助かる予定だった。脚本家たちは「これ以上、キャロルを生かしてもうまく使えない」と思ったからだ。

 しかし、現場で指揮を執るスコット・ギンプルは、「番組にとって彼女は使える存在になる」と確信し、キャロルを生かすと書き換えた。その確信通り、キャロルは大きく成長し、「使える」キャラクターとなったのだった。

もうすぐリック(アンドリュー)のデスパーティーが……

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

関連キーワード

降板時にデス・パーティーを開催!? 『ウォーキング・デッド』の興味深いトリビア10選(後編)のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外ドラマの向こうガワのニュースならサイゾーウーマンへ!

ジャニーさん お誕生日おめでとうございます
ジャニーさん お誕生日おめでとうございます