[連載]悪女の履歴書

「物語性」なき犯罪者、歴史に沈んだ死刑囚・杉村サダメの獄中晩年

「物語性」なき犯罪者、歴史に沈んだ死刑囚・杉村サダメの獄中晩年

 12月18日、顔なじみの行商人・村上敏子(46)が訪ねてきた。サダメはダビやシャツを買ったが、その時、敏子の財布に千円札の束が見えた。サダメは3度目の犯行を決意する。昼時でもあったので、弁当のおかずといってサダメはホリドール入りの鯛ミソを敏子に供したのだ。敏子もまた、前の2人同様、嘔吐し倒れて意識を失った。幸いなことに鯛ミソの量が少なかったことから、その後敏子は一命を取り留めた。しかし内臓から脳まで毒に犯され、重篤な障害が残ったという。...



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

「物語性」なき犯罪者、歴史に沈んだ死刑囚・杉村サダメの獄中晩年のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書のニュースならサイゾーウーマンへ!