ジャニタレだったら大騒動

「あんなの序の口」文春が苦笑する元AKB48・指原莉乃のスキャンダル

sashihararino01.jpg
出すぎた杭は抜かれるね

 元AKB48・指原莉乃に突如降りかかった過去の交際報道。「週刊文春」(文藝春秋)で、指原と3~4年前に肉体関係にあったという男性ファンA氏の告白記事が写真やメールと共に掲載されたことで、総合プロデューサーの秋元康氏は指原の「HKT48」への移籍を厳命。指原自身も15日深夜のラジオ番組で、自身のスキャンダルについて「お友達だったことは本当です」と認め、「本当に、すみませんでした」と謝罪した。

 ネット上では指原を売ったことになるA氏に批判が集まっている状況だが、ある重要人物の話では少々事情が異なるらしい。

「文春記者は今頃苦笑しているでしょう。あの程度の写真で、これほどファンが大騒ぎするんですから。実は、文春側が所有している写真はほかにも大量にあり、ヤバイ写真も持っているんです。それらの掲載を見送ったのは、当時指原がまだ十代半ばでマスコミ倫理的に掲載が難しかったことと、AKBサイドへの牽制の意味もあるでしょうね」

 恋愛禁止を徹底している同グループにおいて、今回のスキャンダルは死活問題だ。一見、秋元氏がHKT移籍という鮮やかな幕引きをしたようにも見えるが……

「秋元さんも、どの程度の写真が文春に握られているか把握しているそうです。今回の報道を無視することもできましたが、そしたら第2弾、第3弾が飛び出すかもしれない。その前に指原を処分することで、文春が続報を打ちづらい空気を作ったのです」(出版関係者)

 以前から文春はAKBのネガティブキャンペーンを敷いており、「AKB絡みの爆弾ネタを随時仕入れている」(同)という。朝刊スポーツ紙をはじめ、雑誌やテレビもAKBの軍門に下り、文春だけが孤軍奮闘している現状だが、同誌編集部の士気は相当高いようだ。

『それでも好きだよ』

文春さんカッケーっす

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
サンジャポ・アッコもスルー! 元AKB・指原莉乃、移籍でわかったマスコミ癒着事情
視聴率28%でも戦々恐々!? ご法度企画にも手を出すAKB48、今後の采配は
山Pと北川景子も訪れた!? AKB・板野友美とウワサの彼が占い館で恋愛相談?
AKB48と乃木坂46に非難高まる! これも秋元康の狙い通り?
日テレが「AKB48ネタはNG」指令! ついに身内から火の手が上がった!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  3. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  4. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  5. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  6. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  7. “消えたAKB48”河西智美は今
  8. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  9. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  10. “もう終わった”イケメン俳優3人
  11. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  12. 「仕事をしたくない」嫌われ者タレント
  13. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  14. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  15. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  16. ムショ飯はうまいのか?
  17. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  18. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  19. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  20. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機

ジャニーズの人気記事

  1. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  2. 新春ジャニオタ放談
  3. マンガ『ヅャニーさん』34回
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 藤ヶ谷太輔、破局劇に大ブーイング

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!