視聴率28%でも戦々恐々!? ご法度企画にも手を出すAKB48、今後の采配は

takamina.jpg
面白騒動に事欠かないたかみなだけは
生き残れそう!

 6日に行われた『第4回AKB48選抜総選挙』の開票イベントがお茶の間をジャックした。同日午後7時からフジテレビで生中継され、平均視聴率は18.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。 スペシャルゲストとして今回の総選挙を辞退したあっちゃんこと前田敦子が出演したほか、前回9位から4位に躍進した指原莉乃の母も登場した。

 瞬間最高視聴率は、指原莉乃がコメントをした午後8時48分の時点で28%。フジテレビ関係者は「最低でも平均視聴率15%を狙っていただけに、合格点。やはりAKBは凄い!」と興奮気味に話しているという。まさに空前のブームとなっているが、「盛者必衰」とはよく言ったもので、関係者は「このブームもいつまで続くか……」という不安と、常に戦っている。

「業界での評判が芳しくないんです。例えば、ある商談の席で開口一番『で、いくら(金を)出せる?』と言ってきたり、ネガティブなことを書いたマスコミへの圧力も強硬になっています。訴訟対策のために弁護士を大増員していると話もあります」(週刊誌デスク)

 芸能界のトップに立つ王者なのだからドッシリと構えていればいいものを、ここ最近は焦りが感じられるという。

「今のうちに稼げるだけ稼ごうとしているのでしょう。テレビ局とのコラボ企画やご法度とされてきた同一業界での複数CM出演など、今年に入ってスレスレの活動が顕著になっています」(テレビ局関係者)

 弁護士の増員にご法度企画への参加など、頂点を極めたグループにしては余裕のない姿勢だ。稼げるだけ稼いだ後に、AKB48に何が残っているのか……今後の采配に注目が集まりそうだ。

『御法度 GOHATTO』

腰掛けアイドル、ここに極めり

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
「どれだけ金が落とされたか」AKB総選挙はキャバクラの反省会と重なる
「板野のはずでは!?」前田敦子AKB48卒業に見る事務所バランス
TBSのお手柄? 高橋みなみのボヤ騒動が報じられたワケ
影響力低下の波紋!? AKB48「情報解禁」を巡ってマスコミと一悶着
AKB48渡辺麻友の意外な行動にスタッフが「一番プライドを傷つけられた」

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク