テレ朝はお呼びでない?

日テレが「AKB48ネタはNG」指令! ついに身内から火の手が上がった!?

akb-all-02.jpg
いろんな思惑が渦巻きすぎですよ~

 いよいよAKB48の第4回選抜総選挙の結果発表が近づいてきた。昨年1位を獲得した前田敦子が卒業を表明、選挙を辞退したため「いったい誰が新エースとなるのか?」などと話題は尽きない。4回目にして、初めてフジテレビで完全生中継されることも決まったが、これに日本テレビが猛反発しているという。ついには現場に「AKB総選挙ネタはNG」という指令まで下されてしまった。

 鉄壁のメディア戦略を誇ってきたAKB48にとって、蟻の一穴となるかもしれないこの事態。

「これまでAKBは、写真集などの出版利権を各社に割り振りることで、週刊誌にスキャンダルが書かれないよう体制を築いてきました。テレビやスポーツ新聞はいわずもがな、AKBのスキャンダルを書くのはもはや『週刊文春』(文藝春秋)と『週刊新潮』(新潮社)だけ、というイビツな状況だったのです」(マスコミ関係者)

 ところがいま、思わぬところから火の手が上がったという。それは身内も身内だった日テレだ。日テレはどこの局よりも先駆けていち早く、ゴールデン帯でAKBグループをメーンにした番組『なるほど!ハイスクール』を放送。昨年の総選挙は同番組の1コーナーという形で一部だけ中継された。

 もちろん今回の総選挙中継を巡っても、日テレは手を挙げたというが、選ばれたのはよりによって昨年最後まで視聴率争いを繰り広げたフジテレビ。これに日テレ上層部が激怒したというのだ。

「その結果『AKBを取り上げるのはいいけど、総選挙の話題はNG』という困った指示が現場に出されました。選挙前にメンバーがイベント等に出演すれば、当然話題は総選挙になるのですが、この部分は基本的に使うなということです」(日テレ関係者)

 だからといって、日テレとAKBが全面戦争に突入する可能性は限りなく低いという。

「総選挙が終わったら、バンバン選挙の話題を取り上げていいそうです。ただ選挙前に煽って、フジテレビの視聴率に貢献する必要はない、という判断の元NG指令が出ているだけですよ」(前出関係者)

 天下の日本テレビを右往左往させるほどの巨大勢力に成長したAKB48。フジテレビの生中継番組の視聴率にも注目が集まっている。

『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』

TBSとテレ東もがんばって!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
影響力低下の波紋!? AKB48「情報解禁」を巡ってマスコミと一悶着
「秋元康もAKBメンバーの一人」? AKB48の真のプロデューサーとは
高橋みなみ母の逮捕で露呈した、AKB48とマスコミの”お付き合い”事情
日テレがフジを抜いて年間視聴率三冠王達成! 大みそかのフジはテレ東以下!?
セックス写真まで存在! 異端児・葉山エレーヌが降板にならないワケ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  7. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  11. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  12. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  13. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 『カルテット』視聴率左右するシーン
  16. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  17. “もう終わった”イケメン俳優3人
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  20. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. 『カウコン』意外な舞台裏
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー