オーガニックコスメ、独り勝ちの理由(後編)

日本の大手メーカーも展開を始めたオーガニック市場、その切り札とは

three.jpg
「THREE」公式サイトより

(前編はこちら)

 さて今後のオーガニック市場を占う上で見逃せない動きがある。輸入品の成分規制が厳しいとは前述したが、国産原料を使用した国産のオーガニックコスメを作れないのか、ということである。トライフの手島大輔代表は「現段階では価格競争力が低くすぎる」と否定的だが、原材料メーカーやOEM(生産受注メーカー)では植物性の国産原料を押している所が少なくないのも事実。例えば米や海産物など、海外にはない日本独自の原料を使ったコスメは、輸出品としても価値はあるだろう。ただそれらが希少品の枠から出るには少し時間がかかるだろうが。

 実はそこに取り組んでいる大手もある。ポーラ・オルビスグループのACRO(アクロ)は国産の原料を活用した「THREE」(スリー)をローンチし、百貨店カウンターを中心に展開している。また、ちふれでもジャパンオーガニックを立ち上げ玄米などの美容素材を使ったスキンケア「do organic」を開発している。こちらはフランスのオーガニックの認定機関のお墨付きを得た本格派だ。

 それ以外にもコーセーコスメニエンスはフランス産のオーガニック植物を用いてボディ系シリーズ「Nature&Co」を販売し、ドラッグストアで人気だったり、「AWAKE」(コーセー)、「オリジンズ」(エスティ ローダー)などの既存ブランドが天然の精油を使ったり、オーガニックラインを作ったりしている。さらにナチュラル・自然派というカテゴリーで見れば、資生堂がミネラルファンデーション大手のベアエッセンシャルを買収したり、ロレアルがキールズを手掛けたりと大手の化粧品会社が一つの選択肢として自然派のカテゴリーに力を入れているケースも見られる。

 海外からの”舶来品”だったオーガニックコスメもさらなる規模拡大のためには、新たな切り札が必要となる。市場が成熟した今だからこそ、本格的なオーガニックコスメとこれまで化粧品を作り続けてきた企業との一体化の未来が見えてくるようである。

『ドイツ式オーガニックコスメのある生活―真の美肌力を生み出すオーガニックビューティーの秘密』]

日本人は舶来品に弱いからね~

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
異業種参入のビューティ業界、化学的根拠と”女ごころ”を掴んだヒット作はコレ!
黒豚、なまこ、梅干しの種まで!? ご当地石鹸の意外な成分に注目
美容ジプシーを救え! 美容大国・日本の偏りまくりの美容事情とは?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 「オワコン女優」認定の3人は?
  4. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  5. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  6. 江角と対照的、広田レオナの不倫報道
  7. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  8. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  9. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  10. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  11. 小雪『大貧乏』2週連続4%台の悲劇
  12. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  13. “消えたAKB48”河西智美は今
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  16. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  17. 江角マキコのバックに超有能弁護士
  18. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  19. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  20. 『DASH!!』にまたしてもヤラセ疑惑?

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ビヨンセ、夫の浮気の怒りをアルバムにぶつける!
  4. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  5. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ