今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

こちらの想像をかき立てる、吉永小百合の思わぬCM

sayuri.jpg
『夢の続き』/世界文化社

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎しませんよ、小百合は
 シャープのアクオスのCMで、いつも通り高そうな着物姿で、ゆっくりとお喋りになる吉永小百合サマ。しかし今回、途中で突然「失礼しました」と話を止めるシーンが。あんまり急に恥ずかしそうにうつむくもんで、オナラでもしたのかと思ってビックリした。もちろんオナラじゃなかったけど。吉永小百合が人前でオナラしたら、あんな感じになるんだろなぁ、と思った。ま、吉永小百合は人前でオナラしませんけども。してもCMで流しませんけど。

◎ワルだけじゃないぜ
 タコのパウル君の予言通り、無事幕を閉じたサッカーW杯。すごかったなぁ、選手の刺青。これぞ洋物、といったゴシックで壮大なヤツから、意味わからんまま入れてるとしか思えないテキトーな漢字モノまで、さながら刺青絵柄見本市。ウエア交換のときとか、見せびらかすのが楽しいんだろうなぁ。そんなご自慢タイムにも、必ずランニングタイプの下着着用でお上品な優等生、スペイン代表イニエスタ。マジメか。風貌も佇まいも、サッカー選手というより何か公務員みたいだし。決勝点決めた後、珍しくウエア脱いで下着に書いた字を見せつけてたが。あれてっきり「優勝するのは俺たちだ!」みたいなことが書いてあるんだと思ったら、亡くなった友人に対するメッセージだと。マジメか。

◎ペチャパイなのに強気
 青木裕子ってペチャパイだ。「ペチャパイ」という名称が持つアナクロさと同じくらい、古い感じのペチャパイ。いや、ペチャパイ自体は別にいい。いいというか、テレビに出てる女性タレントで、実は胸ぺったんこって人はいっぱいいると思う。しかし、寄せて上げるだの谷間メイクだの、天使だの恋するだの、これだけ胸を盛るのが当たり前の世の中で、あんなに自己サイズに忠実な胸でテレビに出てるの、あのコぐらいのもんだろう。その頑なな姿勢に、彼女の心に巣食う大いなる闇を感じてしまうのだが。考え過ぎか。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
薄暗い部屋、真っ黒な革のソファー……「大相撲」番組の思わぬ失態
見る度に心がざわつく、妻夫木聡の新 CM
「CMありませんから!」より深刻な、NHK神田愛花アナの仕事ぶり

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「オワコン女優」認定の3人は?
  2. 江角マキコ、不可解な「芸能界引退」
  3. 和田アキ子に「パワハラ批判」噴出
  4. 剛力彩芽、新ドラマ1.3%の壮絶爆死
  5. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  6. “消えたAKB48”河西智美は今
  7. 西内まりや月9、酷評の嵐に
  8. 嫌われている“歌姫”3人を大暴露
  9. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  10. 江角マキコの引退が「卑怯」なワケ
  11. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. ママ友に「マジおばさん」って笑われた……
  14. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  15. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  16. 薬丸裕英から家族すらも去った?
  17. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  18. 他人の記事をパクるのはこんな人
  19. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!
  20. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相

ジャニーズの人気記事

  1. 『A LIFE』浅野忠信がやり玉に?
  2. テレ朝&TBSにSMAPファン感激のワケ
  3. 森且行、SMAP存続ステッカー貼付の真相
  4. マンガ『ヅャニーさん』34回
  5. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔

カルチャーの人気記事

  1. 他人の記事をパクるのはこんな人
  2. 「an・an」恋愛特集が、えげつなすぎる
  3. 誰でもいいから義姉をもらって! デブでブスなプライド女を婚活イベントに強制送還!
  4. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  5. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ

海外ゴシップの人気記事

  1. マドンナ、トランプに「チンポしゃぶってな!」
  2. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. トランプ就任式はしょぼくてもOK!