今井舞の「週刊ヒトコト斬り」

見る度に心がざわつく、妻夫木聡の新CM

tumabukisatoshi01.jpg
妻夫木に慣れないことさせないで!

――毒舌コラムニスト・今井舞が、話題のアノ人物やアノニュースをズバッとヒトコトで斬り捨てる!

◎ミスキャスティング!
 スバルのインプレッサのCMでシャドーボクシングをする妻夫木聡。往年のミッキー・ロークを思わせる、あのへなちょこ猫パンチは何なんだ。妻夫木って元々ボクシング的なイメージゼロの男性タレントなのに、なぜ彼にボクシングを? 企画段階で「妻夫木でシャドーボクシング」という話が持ち上がったとしても、撮影の際「これはナシだろ」が見て取れただろうに。結局、妻夫木本人もファンもスバルも全員得せず。「撤退もまた勇気なり」。CM作りの現場の方々には、この言葉を胸に刻んで頑張ってもらいたい。

◎ナイスキャスティング!
 女性のためのアクサの新しいガン保険のCM。ガンになった女性の、それ以降の人生を応援! という内容。CMキャラクターの杏が、ガンになった女性の生活を距離を置いてじっと見守る、という設定なのだが、何だか杏の目のケンのあるキツい目つきの感じと相まって、見守られてるというより、何か死神に魅入られてるみたい。まあ、ガンの恐ろしさを痛感して、思わず保険入ろうかな、と思ってしまうという点では、ある意味効果あったのかもしれないが。

◎選手の方が大人ということで
 サッカー日本代表、8強ならず。あー、自分が駒野友一じゃなくて本当に良かった。それはさておき、試合後のインタビューで、「ファンの皆様にお礼を言いたいです」と語った長谷部誠。謙譲語の使い方といい、感情的になりすぎないしっかりした喋り方といい、「さすがキャプテン」の面目躍如。最後「今度はぜひJリーグの方にも足を運んでいただければ」と付け加えたとこなんか、いつでも横綱になれる品格の持ち主だ。対して岡田監督。今後の日本サッカーの展望を聞かれ、「申し訳ないですけど、今日本サッカーのことまで考えられないんで」と吐き捨てた。他にいくらでも当たり障りのないコメント言えるだろうに、この好意の取りつくしまがない感じが、「さすが岡ちゃん」の面目躍如。監督を解任されても、これからも「何かどーしても好きになれないんだよねぇ」と万人に敬遠されるキャラクターを大事に、どっかで頑張ってって欲しい。

mishuran.jpg

今井舞(いまい・まい)
週刊誌などを中心に活躍するライター。皮肉たっぷりの芸能人・テレビ批評が人気を集めている。著書に『女性タレント・ミシュラン』(情報センター出版局)など。

【バックナンバー】
「CMありませんから!」より深刻な、NHK神田愛花アナの仕事ぶり
サッカーワールドカップの中継で発覚した、ヒデの弱点
香取慎吾版『座頭市』が抱える問題点をあの人が……

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  5. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  6. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  7. 新春ジャニオタ放談
  8. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. ムショ飯はうまいのか?
  12. “もう終わった”イケメン俳優3人
  13. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  18. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  19. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  20. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー