なんと自伝本も執筆

ジョニー・ウィアーが名プロデューサーの手で歌手デビュー! 

JohnnyWEIR02-1.jpg
来日時には、なんちゃってジョニ子が会場にあふれそう!

 バンクーバーオリンピックで6位入賞を果した、アメリカ男子フィギュアスケート選手ジョニー・ウィアー。”氷上のプリンス”ともミューズと称される優雅で美しいジョニーが、次なるプロジェクトに向け着々と動いており、話題を呼んでいる。

 米「HollywoodLife.com」によると、ジョニーは元祖ドラァグ・クイーン、ル・ポールのアルバムを手がけた名プロデューサー、ルシアン・ピアーネと組んで歌手デビュー曲「Dirty Love」を制作。バンクーバーオリンピック直後に、ルシアンからアプローチされ、ジョニーからインスピレートされたというメロディーがすでに用意されていたという。

 歌詞はジョニーが執筆し、「ダーティ・ラブって聞くと、イヤらしい、汗まみれのセックスを連想するでしょう。でも、違う!」「僕とジャッジ、そしてレポーターとの”上辺だけの関係”に基づいた歌なんだ」とコメント。「I’m not scared of your dirty love(汚れた愛なんか怖くない)/You think you know me but I’ll call your bluff(僕のことを知ってるつもりだろうけど、まやかしさ)/Better raise your game come on lets make some dirty love(ほら、ゲームを進めよう。おいでよ、ダーティ・ラブしようじゃないか)」と、挑発的な歌詞の一部も公表した。

 ツイッターを利用し最新情報を発信しているジョニーは、少し前から歌手デビューする計画があることを明かしており、米「People」の取材に対して「僕は本物の歌手じゃないけれど、ブリトニーのようにロックできるよ!」とうれしそうにコメントしている。

 ロサンゼルスで6日に開催された「MTVムービー・アワード」に出席した際には、「Dirty Love」の制作が順調に進んでいると告白。同アワードで歌手としてパフォーマンスするのが夢であり、ステージ下に設置したミニスケート・リンクで「バーン!」と登場してみたい、と熱く語った。

 GLAAD(中傷と闘うゲイとレズビアンの同盟)メディア・アワード授賞式や、米国競馬G1レース第136回ケンタッキー・ダービー、『Sex and the City2』プレミア上映会に出席するなど、今やチャリティー・イベントやセレブリティ・パーティ・シーンには欠かせない存在となっているジョニーだが、もちろんスケートの練習も欠かしておらず、7月と9月には日本でパフォーマンスするとツイッターで発表。「Dirty Love」で滑るかも、とお茶目につぶやいている。

 彼の奇抜なファッションやフェミニンな仕草を、「ゲイっぽい」「女性っぽい」ではなく「ジョニーっぽい」と呼ぶようになってきたが、今なおゴシップでからかう人は多い。そんな人々の意識を少しでも変えたいと、ジョニーは自伝書を書くことを決意。彼のセクシュアリティー、童貞を捧げた相手、家族のことはもちろん、スケートの裏世界も赤裸々に書き綴っていくそうだ。本は2011年1月にリリースされる予定。

『俺たちフィギュアスケーター [DVD] 』

もう自伝の予約が始まってるじゃないの!

amazon_associate_logo.jpg

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
“氷上の王子様”ジョニー・ウィアー、活躍の場を社交ダンスに変更!?
エリート集団CIAのトホホ……フセインのゲイセックステープ計画とは?
ウッズとサンドラ・ブロック旦那の愛人が「浮気番組」をスタート!?

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  6. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  7. ムショ飯はうまいのか?
  8. 新春ジャニオタ放談
  9. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 違法ギャンブルにハマる危険な芸能人
  12. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  13. “もう終わった”イケメン俳優3人
  14. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  15. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  16. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  17. 若い男を恋愛対象にするのをやめたい
  18. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  19. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  20. 篠田麻里子、「老婆のように」劣化!!

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. ジャニーズ事務所がひた隠すV6の真実
  5. 工藤静香、SMAP騒動に言及

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー