“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第566回】

「宮迫バッシング」の裏で、“なかったこと”のように扱われる吉本興業と反社会勢力の関係

2021/08/24 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

「週刊女性」9月7日号(主婦と生活社)

 ジャニーズ事務所の“母”“女帝”と言われ、SMAP独立騒動でもキーマンとして話題となったメリー喜多川氏が逝去した。ひとつの時代の終焉でもあり、今後、ジャニーズ事務所の変革も続くだろう。そしてメリー氏の逝去を伝える一部メディアが東山紀之を“ジャニーズ事務所の長男”と表現していた。メリーさんは草葉の陰できっと怒っているだろう。うちの長男はマッチよ! と。

第566回(8/19〜8/24発売号より)
1位「宮迫博之 地上波NGを決定的にした(秘)リスト」(「週刊女性」9月7日号)
2位「DaiGo 知人もあきれる“僕は特別”の盛り人生」(「週刊女性」9月7日号)
3位「小室佳代さん 労災トラブル&無断欠勤」(「女性自身」9月7日号)

 大きな話題となった宮迫博之と蛍原徹のお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の解散。吉本興業の公式YouTubeチャンネルとABEMAで解散を報告する動画が配信され、各局ワイドショーもこの話題を大きく取り上げた。その舞台裏を「週刊女性」が報じている。

 『アメトーーク特別編』として配信された解散報告動画が、地上波で放送されなかったのには事情があった。それがスポンサーの意向だという。

 記事によると、宮迫は地上波で広告を出している大手企業から“NGタレント”扱いとなっている。それだけでなく広告代理店が一部ユーチューバーに配った資料にも“宮迫とのコラボ禁止”“言及も禁止”との注意書きまであったという。さらにスポンサー筋だけでなく、テレビ局上層部も“宮迫NG”を出しており、宮迫の地上波復帰が絶望的だと実感した蛍原が、「雨上がり」の解散を決意したという内容だ。

 反社会的グループの忘年会に出席し、ギャラをもらったという宮迫。コンプライアンス的にスポンサーやテレビ局の対応は妥当――いや、そんな。わけがない。そもそも2年前の闇営業問題発覚後、明らかになったのは、闇営業問題が宮迫など芸人だけの問題ではなく、テレビ局に絶大な影響を持つ巨大芸能事務所・吉本興業の体質、問題だった。

 そもそも宮迫や田村亮らが反社会的勢力の忘年会に参加したのも、吉本興業が会社として関与していたという背景があった。宮迫らは問題となった反社会勢力のフロント企業のパーティ参加を持ちかけられた際、「吉本のイベントのスポンサーだから大丈夫」と言われていたからだ。

アメトーーク! DVD 45

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「宮迫バッシング」の裏で、“なかったこと”のように扱われる吉本興業と反社会勢力の関係のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!のニュースならサイゾーウーマンへ!