“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第563回】

篠原涼子、離婚発表3日前の“最後の晩餐”をとらえた「女性セブン」のすごい写真!

2021/08/03 21:00
神林広恵(かんばやし・ひろえ)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

「女性セブン」8月12日号(小学館)

 東京五輪のお祭り騒ぎの中、五輪選手に対するSNSでの誹謗中傷が跋扈し、コロナ感染爆発も止まらない。世の中、さらにおかしな方向に向かっているようで――。

第563回(7/29〜8/3発売号より)
1位「篠原涼子 親権放棄の全真相『浮気はしてもいいから』夫の懇願を無視」」(「女性セブン」8月12日号)
2位 「前田敦子 はやっ! 7歳年上パリコレ・デザイナー新恋人と離婚3カ月の『押しかけ半同棲愛』」(「女性自身」8月17日・25日合併号)
3位「河野景子 再婚に『待った』をかける元夫との“銭争”勃発」(「週刊女性」8月17日・25日合併号)

 かなりディープなネタ元を持っているのかも。「女性セブン」が篠原涼子と市村正親の離婚についてリポートしているのだが、これがなかなかディープな内容だ。先週、“丸投げ離婚”と親権を持たなかった篠原を揶揄した「女性自身」とは一線を画している。まず驚くことに、これまでほとんどメディアの取材など表に出てこなかった篠原の兄が、離婚についてコメントしていることだ。

「お互い不仲だったら、涼子は絶対に親権を渡さないと思うよ。渡したのは市村さんを信頼しているからこそじゃないかな…」

 お兄さま、コメント内容もなかなか素敵! 親権を持たない母親(篠原)を批判するメディアとは大違い。そして記事では2人の馴れ初めから、結婚し、2人の子どもをもうけたこと、市村の胃がんが発覚した際の篠原の献身的支えなど、これまでの円満&幸せ家庭が描かれる。そして離婚についても、かなり詳細だ。

 2人の関係は最初から「篠原が圧倒的に上」だったらしい。それは甘えてわがままを言う妻と、優しくご機嫌をとる夫という微笑ましい構図だった。しかし、子育てで仕事をセーブしていた篠原が本格復帰したころから、その関係にほころびがではじめたと「セブン」は指摘する。その“証拠”として、「セブン」自身が過去に何度も目撃してきたという篠原の数々の様子を紹介している。

 隠れ家バーでのママ友との女子会で、「常に恋をしていたい」というママ友に同調する涼子。またある時は、高級焼肉でママ友らしき女性たちと「私のことをわかってほしいのよ」と語る涼子。さらに隠れ家個室レストランで、江口洋介としっぽり飲む涼子――。

アンフェア the end スペシャル・エディション
ディープスロート=内部告発者、だそうです!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

篠原涼子、離婚発表3日前の“最後の晩餐”をとらえた「女性セブン」のすごい写真!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 女性週刊誌ぶった斬り!女性タレントのニュースならサイゾーウーマンへ!