「元極妻」芳子姐さんのつぶやき110

ヤクザは“寂しがり屋”――映画『すばらしき世界』から元極妻が考える、今も1万人以上いるといわれる「無戸籍」問題

2021/07/18 16:00
待田芳子(まちだ・よしこ)
ヤクザは寂しがり屋――映画『すばらしき世界』から元極妻が考える、今も1万人以上いるといわれる「無戸籍」問題の画像1
写真ACより

今は亡き某指定組織の三次団体幹部の妻だった、待田芳子姐さんが語る極妻の暮らし、ヤクザの実態――。

ヤクザは寂しがり屋

 前回ご紹介した映画『すばらしき世界』で気になった無戸籍問題について考えてみたいと思います。

 役所広司さん演じる主人公の三上正夫には戸籍がありませんでした。無戸籍が問題になっていますが、今も1万人以上はいるといわれているようです。

 亡きオットの若い衆の中には、「自分は戸籍がない」と言っている子も何人かいましたが、実際には戸籍が何なのか、わかっていないだけのようでした。逮捕されて初めて自分の本名を知るなんていうのも都市伝説的にはありましたが、実際にはそういう感じの子たちは組織になじめず、いつの間にかいなくなっていました。

 いろいろな理由で学校に行けず、集団生活を経験していない子どもは、ヤクザのようなタテ型の組織は難しいかもしれませんね。

 かつてヤクザは、基本的に寂しがり屋さんでした。三代目山口組の田岡一雄組長は、自著『山口組三代目 田岡一雄自伝』(徳間書店)で、ヤクザ組織について「子供のときのわたしがそうであったように、みんなもわたし同様、暗い、悲しい環境に生まれ育った者ばかりである」とし、山口組を「そういう愛情に飢えた者同士が肩寄せ合い、心を温め合う」集団としました。

 もっとも寂しさは「支配欲」も生みますね。組によっては、盃を交わす前に本人や関係者の写真を何枚も撮っておいて、「逃げてもどこまでも追っかける。親族もひどい目に遭わせる」と脅す親分もいました。昭和の話ですけど、「親分や組織からは逃げられない」と、「心まで支配下に置く」のがヤクザなんですよ。愛されたことがないので、相手を束縛することしかできないのでしょうね。

 オットは、いなくなる子に対してはゆるかったですね。「来る者は拒まず、去る者は追わず」的な感じでした。単に面倒だったのかも(笑)。

生活保護は無戸籍でも受けられる

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

ヤクザは“寂しがり屋”――映画『すばらしき世界』から元極妻が考える、今も1万人以上いるといわれる「無戸籍」問題のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 元極妻・芳子姐さんのつぶやきのニュースならサイゾーウーマンへ!