マドンナやり続けるの大変そう

マドンナがプライドパーティーに登場で話題騒然! 「自分を愛して」と挑発的なパフォーマンスで呼びかける

2021/06/28 16:21
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
この投稿をInstagramで見る

Madonna(@madonna)がシェアした投稿

 来年、デビュー40周年を迎えるマドンナ(62)が、シースルーのトップスを着て、豊満なバストを揺らしながら、LGBTQ+の権利を啓発する「NYCプライド・ウィークエンド」に向けたパーティにサプライズ出演。スマートフォンを向ける客の間近で大股を広げながら熱唱パフォーマンスを行い、SNSで話題騒然となっている。

 米エンタメサイト「Page Six」によると、マドンナは現地時間6月24日、マンハッタン・ミートパッキング地区のスタンダード・ホテル内のバー「BOOM BOOM BOOM」で開催された、NYCプライド・ウィークエンドを祝うパーティに登場。少し前からビデオグラファーのリカルド・ゴメスとインスタグラムで打ち合わせのようなやりとりをしていたが、久しぶりの生パフォーマンスを実現させた。

 マドンナはこの夜、フィッシュネット・トップスにタイツ、レザーのホットパンツに、ジャン=ポール・ゴルチエのヴィンテージ・コルセットというハードコアファッションに身を包みつつ、「マテリアル・ガール」のミュージックビデオを彷彿させるピンクのロンググローブや、ネオブルーのウィッグというガーリーでポップな要素も取り入れた姿で、「Hung Up」「I Don’t Search I Find」を熱唱。

 バーカウンターをステージにしたマドンナは、間近でスマートフォンを向ける客たちにひるむことなく挑発的なダンスを繰り広げ、「思い込みは禁物。未来に何が待ち構えているかなんて、わからないでしょ」「自分を愛することができるようになりなさい」と呼びかけ、店内を大いに沸かせた。

 このパーティには、CNNの人気キャスター、アンダーソン・クーパー、歌手のアダム・ランバートや俳優のザカリー・クイント、男性アイドルグループ「イン・シンク」のメンバーだったランス・バスらセレブの姿も。24歳になるマドンナの長女ローデス・レオンもかけつけて、「プレイボーイバニーのロゴが入った黒のビスチェに、パステルピンクの極小パンティと、股間部分が大きく開いているチャップス・パンツ」という母に負けず劣らずの“攻めてる”ファッションで、機嫌良く記念撮影に応じていた。

 マドンナは反トランプ前大統領を表明する「ノット・マイ・プレジデント」という文字が刻まれたボンテージ・ハーネスも身に着けており、LGBTQ+への差別的言動を繰り返していた前大統領を改めて批判。ポラロイド写真を3枚をオークションに出品し、落札された全額をLGBTQ+の関連団体に寄付するなどのチャリティ活動も行った。

緋色のマドンナ
あゆが真似しなきゃいいけど

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

マドンナがプライドパーティーに登場で話題騒然! 「自分を愛して」と挑発的なパフォーマンスで呼びかけるのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 海外のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL