『おちょやん』解説

朝ドラ『おちょやん』、ヒロイン実父・テルヲをめぐり炎上連発! トータス松本の“毒父”ぶりは「絶対悪」か「庶民の普通」か?

2021/02/27 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

現在放送中のNHK連続テレビ小説『おちょやん』がなにやら騒がしい。ヒロインの実父を演じるトータス松本がなにかとネット上で叩かれているのだ。朝ドラ史上“最悪の父親”となりつつある、その父親像について、『あたらしい「源氏物語」の教科書』(イースト・プレス)などの著作を持つ歴史エッセイストの堀江宏樹氏が歴史背景からひもとく!

NHK『おちょやん』公式サイトより

 NHK連続テレビ小説『おちょやん』。ヒロイン・竹井千代(杉咲花さん)の「毒父」テルヲ(トータス松本さん)の大炎上が止まらないのには驚かされるばかりです。トータスさんのご両親が週刊誌の取材に「息子が出てくるのを見るたびにがっかりする」とコメントしたのも「わかる~」というしかないキャラで、もはやトータスさんがお気の毒な気さえしてきます。

 このコラムを執筆中の2月末時点で、最後のテルヲ登場シーンは1月末の第8週「あんたにうちの何がわかんねん!」。借金取りに追われると、娘・千代のタンスをあさって貯金通帳を探したり、その娘から床に放り投げられた小銭を這いつくばって拾い集め、「ほなサイナラ」と出ていくテルヲの姿にドンビキしたのは、筆者も同じです!

 NHKの『おちょやん』公式サイトで連載中の「テルヲのいいわけ」は、トータスさん自ら「一般人には理解し難い!? テルヲの発言と行動を解説」するコーナーなのですが、その「言い訳」が、すでに1カ月近く掲載できていない状態です。

 そして第11週「親は子の幸せを願うもんやろ?」には、「うちのお父ちゃん、ああいう人(=ダメ人間)やろ」という千代のセリフがありました。普通なら回想シーンが挿入される場面でしょうに、それすら出てこない「テルヲ・ドラマ出禁」状態。これはさすがに笑えました。

 また、第12週「たった一人の弟なんや」では、一度も登場していないのに、テルヲは炎上しています。千代が弟・ヨシヲ(倉悠貴さん)と再会できたにもかかわらず、そのヨシヲが度外れの外道になっていたことから、これも「テルヲのせいや!」とネットは炎上しまくりです。テルヲの燃料としてのポテンシャルは桁外れだな、と感心すらしてしまいますよね。

テルヲの「毒」がしんどい

 筆者個人の感想ですが、『おちょやん』には“喜劇”が本当に面白かった時代特有の笑い、涙、そして「毒」なんかもあふれていて、そこが良いとは思うのです。でも「毒」の部分が、クリーンなドラマばかり見慣れたわれわれにはキツいというか、キワを攻めすぎてるというか、要するに見ていて「しんどい」のですよ。

 放送開始直後は、“毒父・テルヲ大活躍”ゆえに、「あ、もう見られないかも」とさえ思っていた筆者でした。それでもなんとか見続けられたのは、作品自体に何か、魅力があったのでしょう。同じような方は多かったらしく、世間評価で見ても、思ったより視聴率は下がらずじまいでした。

 しかし、かなり良い内容になって来ている昨今でも、視聴率が17%前後をウロウロするだけで、NHKの看板番組「朝ドラ」としては低調気味なのも全て、そういう「毒」ゆえではないかと思うのです。その最大の原因が、やはり千代の毒父・テルヲの存在なんだろうなぁ、と感じずにはいられません。

 ただ、テルヲの描かれ方、あれでもNHKなりの配慮がなされてるみたいなのですよ……ということで、今回はトータスさんもまともに援護・言い訳できてないテルヲの「ホントの言い訳」を探ってみようかなぁと思うのです。

水のように
炎上装置としてテルヲが優秀すぎる

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

朝ドラ『おちょやん』、ヒロイン実父・テルヲをめぐり炎上連発! トータス松本の“毒父”ぶりは「絶対悪」か「庶民の普通」か?のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! テレビNHKNHK朝ドラのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL