【ジャニーズJr.チャンネル便り】

ジャニー氏考案ユニット名に「どうすんだよ!?」とHiHi Jets戦慄、Travis Japanメンバーの宮近への手紙が話題【ジャニーズJr.チャンネル週報】

2020/11/29 21:00
中村チズ子(なかむら・ちずこ)

 ジャニーズ事務所が動画配信サイト・YouTubeに開設した「ジャニーズJr.チャンネル」。現在、少年忍者(水曜)Travis Japan(木曜)7 MEN 侍(金曜)美 少年(土曜)HiHi Jets(日曜)がオリジナル動画を投稿中だが、その出来ばえは実にさまざま。そこで、「しょせんジャニオタ向け」と切り捨てるにはもったいない動画と、「ジャニオタでもしんどい」動画をジャニーズウォッチャー・中村チズ子が解説&ツッコミ! 今回は、11月19日~25日公開の動画を注目度順にチェックします!

HiHi Jets・井上&橋本のユニット、あわや「だんご3兄弟」だった!?

 HiHi Jetsの動画は、通常回の「【後加入した作間の気持ち…】初めて語ります」(22日)と、マルハニチロ冷凍ピザシリーズのプロモーション「【フリーズゲーム】ピザ食べたら誰かが固まった!?」(23日)の2本が配信されている。1本目は、前週に引き続き年表を作りながらHiHi Jetsメンバーの歴史を振り返っていく企画。今回はジャニーズ事務所に所属後、グループに入るまでどのような活動を行ってきたのかを、さかのぼっている。

 2009年7月19日に入所したベテラン・橋本涼は、嵐が国立競技場で開催したコンサートに出演した時、相葉雅紀に「君、何歳?」と聞かれたという貴重なエピソードをさっそく披露。8~9歳だった橋本が申告すると、「スゴい、頑張ってね!」と温かい言葉を返してくれたといい、当時は「スゲー! 嵐に話しかけられた!」と、舞い上がったとか。また、ドラマ『斉藤さん2』(日本テレビ系、13年放送)で親子役を演じた女優・桐谷美玲と、現在も交流が続いていることを明かした。

 年表が15年に差し掛かると、自身と井上瑞稀、そしてすでに退所している稲葉愛弥とのユニット・中3トリオの結成に言及。猪狩蒼弥は「俺、(発表のステージを)見てた。舞台のスゴい下で。通路の下とかで見てた。だって、俺の隣りにいた中3の子が『俺も中3なんだけどな……』って」「あの時の中3はみんな羨んでたよ、きっと」と、橋本たちは“選ばれし中学3年生”だったと称えた。「Jr.のグループが出てなかったんだよね、まったく」(猪狩)「その時はTravis JapanさんとSnow Manさんかな?」(橋本)と、この頃はSixTONESらもグループ化されていない状態であり、猪狩は「ジャニーさん(ジャニー喜多川前社長)が名前をつけて、グループを久しぶりにつけたっていうので、めちゃくちゃ盛り上がってたんだよ」と、述べた。

 ジャニー氏からは「名前を君たちにつけてあげるよ」と言われていたそうで、「俺ら悪ガキだったから、その時。グループ名が早く知りたくて。ジャニーさんが考えている紙を勝手に見たの。で、『だんご3兄弟って、どうすんだよ!? これ!』って」(井上)「いろいろ書いてある中で、一番しっかり書いてあるやつが『だんご3兄弟』って……」(橋本)「『これヤッベーぞ! 俺ら、この先だんご3兄弟として生きていくのか!?』」(井上)と戦慄していたとか。しかし、「蓋開けたら中3トリオだったから、だんご3兄弟からの中3トリオだから、おぉー!」(橋本)「なぜかめちゃめちゃうれしかった」(井上)と、裏話を告白。

 ここで、猪狩は「それこそ、この後グループもガンガン出てくるじゃん。懐かしい名前だと、Classmate Jとか、天才Geniusとか、それこそHiHi Jetもそうだけど。グループブームの走りだよ。中3トリオから、バーンと破裂したようにグループが続々と出てくるようになった」と、補足した。足を組み、一歩引いた目線で冷静にJr.の変遷を語る猪狩の様子は、タレントというよりもジャニーズオタクの解説員。その後のトークでも、猪狩によるプチ情報がどんどんと出てくるのだった(東京・阿佐ヶ谷ロフトAあたりで開催されるマニアックなトークイベントに出ていそうな風貌)。

 続く井上は、嵐・松本潤主演ドラマ『夏の恋は虹色に輝く』(フジテレビ系、10年放送)や、相葉とバーモントカレーのCMで共演するほど、小さい頃より大活躍してきたJr.の一人。木村拓哉主演ドラマ『南極大陸』(TBS系、11年放送)にも出演したが、この時はJr.たちと、他事務所の子役を含めてオーディションを受け、奇跡的に受かったんだとか。役柄のためにいきなり坊主頭にさせられ、「マジで俺もう、なんのためにジャニーズ入ったんだろうって……」と、苦い思い出をぶっちゃけた。

 一方、作間龍斗は、Kis-My-Ft2のデビュー曲「Everybody Go」(11年発売)の間奏の振り付けを知っていたことで、Jr.内で認められる存在に。猪狩いわく、作間は『ザ少年倶楽部』(NHK BSプレミアム)といったテレビ番組には呼ばれていなかったが、その出来事をきっかけに一目置かれるようになり、活躍の場が増えていったらしい。猪狩は「それこそ変な話、一番ちっちゃいJr.のくくりの中で、それが確か14人いたの。全部合わせて。『チビJr.』って呼ばれてた。俺もその中の、一番後ろの一番端っこだったんだけど。(作間は)そのチビJr.の中の一番前の、どセンター張ってた、ずっと」「俺、だって絶対、作間デビューすると思ってたもん。浅はかだから」と、作間の印象を明かした。

 以降、学業とJr.の仕事の両立に励んだ作間。器用だったためか、スタッフからも何かと頼りにされていたそうだ。そんな中でHiHi Jetsの前身・HiHi Jetの“スーパーリベロ”となり、18年に正式加入。本人によれば、それまでは部活感覚だったが、初めて「ジャニーズで芸能活動」をしていくと、覚悟が決まったようだ。当時の猪狩、井上、橋本、高橋優斗は4人体制に限界を感じており、ジャニー氏にも「作間しかいねぇよ」と、相談。メンバーが熱烈オファーするも、中学卒業のタイミングだった作間は、1カ月程度悩んだという。

 加入を決断した理由については、「自分個人として必要とされるみたいなのがなかったから、自分の活躍できる場所が見つかった感じがした。自分の力を出せる場所があるんだなっていうので、決めたのかな。確か」「(以前は)自分を主張しようとしてこなかった感じ。ロボットみたいな感じだった、ずっと。だったけどやっぱり、色が大事じゃない。HiHi Jetsって。意識みたいのは変わってきたね」と、本音を打ち明けていた。次回は猪狩、高橋のヒストリー編とのことで、こちらにも注目したい。

 ちなみにこの動画、「Jr.チャンネル」のTwitterは22日午後8時6分に「本日アップの動画に不具合があったため修正して再度アップいたします。申し訳ありませんがもうしばらくお待ちください」と、ツイート。2時間後の10時6分に、あらためて更新報告していた。再生回数は1本目が35万台、2本目は21万台(27日時点)。

FINEBOYS (ファインボーイズ) 2020年 11月号 【表紙:Travis Japan】 / FINEBOYS編集部 〔雑誌〕
ちゃかちゃん、おめでとう!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

ジャニー氏考案ユニット名に「どうすんだよ!?」とHiHi Jets戦慄、Travis Japanメンバーの宮近への手紙が話題【ジャニーズJr.チャンネル週報】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! ジャニーズジャニーズJr.少年忍者のニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL