[コラム]K-POPタテ・ヨコ・ナナメ斬り

K-POP、2020年上半期ベスト15曲! TWICE「OXYGEN」ベッキョン「R U Ridin’?」Stray Kids「Airplane」ほか

2020/08/03 19:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman

――毎月リリースされるK-POPの楽曲。それらを楽しみ尽くす“視点”を、さまざまなジャンルのDJを経て現在はK-POPのクラブイベントを主宰するe_e_li_c_a氏がレクチャー。今回は今年の上半期に発表された楽曲を振り返ります!

 今月は2020年上半期(1月~6月)のリリースから私の好みの15曲をピックアップして紹介します。特に順位はなく、1月からリリース順に挙げています。

SF9 – Good Guy (2020.01.07)

 FNC Entertainment所属9人組グループ、SF9の初フルアルバム「FIRST COLLECTION」のタイトル曲で、UK GarageやDeep Houseの要素を含んだ楽曲です。2月の記事でアルバム収録の「One Love」を紹介しました。

 年始に行ったホーチミンのパティスリーのインテリアがMVの雰囲気と似ていて、曲がリリースされた直後なこともありとてもテンションが上がりながらケーキを食べた思い出があります。また、この活動でデビューから4年目にして初めて音楽番組で1位を獲ります。個人的には音楽番組やチャートでの1位獲得を人気の物差しや目標にして欲しくはないですが、たくさんのアーティストに機会が多くあることは良いことだと思います。『셒구상사(SF9商事)』というリアリティ番組が大好きなので是非検索して見て下さい。

드림노트 (DreamNote) – Bittersweet (2020.01.08)

apple music
spotify

 iMe KOREA所属6人組グループ、Dreamnoteの3枚目シングル・アルバム『Dream Wish』の収録曲です。アルバムをブラック・アイド・ピルスンのチェ·ギュソンがプロデュースしており、全体的にコンセプトがしっかりした良いアルバムです。「Bittersweet」はChill House系の楽曲で、サビで聞こえるメインボーカルのララの特徴的な声が大好きです。

 事務所があまり聞き馴染みがないかもしれませんが、北京に本社がありアジア10カ国に子会社を置く、音楽を総合的に扱うiME Entertainment Group Asiaの子会社です。iME KOREAにアイドルグループが所属するのはDreamnoteが初で、俳優のイ・セジンやR&BデュオのFly to the skyが所属しています。

펜타곤 (PENTAGON) – TALK (2020.02.12)

 CUBE ENTERTAINMENT所属9人組グループ、Pentagonの初フルアルバム『UNIVERSE:THE BLACK HALL』の収録曲で、歌詞をメンバーのジノ、ウソクが書いています。1つ前のEP『SUM(ME:R)』に収録されている「SUMMER!」と作曲・作詞が同じ顔ぶれで、どちらもポップさと寂しさが共存する趣のある曲です。

 昨年、日本語楽曲の「HAPPINESS」について記事を書きましたが、音楽的にも彼らの実力が高いことは明らかなので、今後も今まで以上に多様なPentagonを見せて欲しいです。4月から6月にかけてMnetのサバイバル番組『Road to Kingdom』に出演し、兵役直前のジノへのサプライズステージが話題になりましたが、デビューからのさまざまな苦難を思い出し、私はまんまと大号泣しながら視聴しました。

NCT127 – 낮잠 (Pandora’s Box) (2020.03.06)

 SM Entertainment所属10人組グループ、NCT127の2枚目のフルアルバム『NCT#127 Neo Zone』の収録曲です。アルバム全ての曲にTrack VideoというショートMVのようなものがあり、リリース前からすでにかなりの労力がかかっていることがわかりました。ちなみに「Pandora’s Box」のTrack Videoはこちらです。このようなグルーヴたっぷりのR&Bをラップも乗せた上でさらりとこなせるメンバーの技術力の高さに毎回感嘆します。

 このアルバムは本当に大好きな曲が多く、「Elevator(127F)」と「Pandora’s Box」と「우산(Love Song)」で最後までどれを挙げるか悩みに悩みました。全員にしっかりと実力があるからこそ実現できることなのかもしれませんが、サビやロングトーン以外の部分でもはっきりと誰が歌っているかわかるような気持ち良いボーカルの見せ場が作られているのが、聞いていてとても気持ち良いです。

강다니엘 (Kang Daniel) – Interview (2020.03.24)

apple music
Spotify

 元Wanna Oneメンバー、自分で立ち上げたKONNECT Entertainment所属のソロアーティスト、カン・ダニエルの2枚目EP『CYAN』の収録曲です。

 元々所属していた事務所との契約関係での訴訟問題や、以前からの誹謗中傷などによるうつ病やパニック障害などの症状に苦しめられ、ソロの活動を開始するまでにさまざまな困難がありましたが、1枚目のEPからとにかく楽曲が良く、Wanna One所属時代は彼自身にあまり興味を持ったことがありませんでしたが、今後はたくさん本人のやりたいことを目一杯やりながら活動して欲しいなと思います。

OH MY GIRL Nonstop: 7th Mini Album (QUEST Ver.) CD
コロナ鬱にはK-POPがてきめんに効く〜

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

K-POP、2020年上半期ベスト15曲! TWICE「OXYGEN」ベッキョン「R U Ridin’?」Stray Kids「Airplane」ほかのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 韓流K-POPタテ・ヨコ・ナナメ斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ