インタビュー

マスクによる肌荒れ、「○○しない」裏ワザで防げる!? 皮膚科医・上原恵理医師が“超簡単”な方法を伝授

2020/08/09 18:00
上原恵理(うえはら・えり)
熊澤充さんによる写真ACからの写真

 コロナ禍のため、外に出る際は“マスク必須”な毎日。しかし、本格的な夏の到来を前に、「マスクによる熱中症」について政府から注意喚起がされるなど、今まで私たちが経験したことのない事態も起こっている。さらに、ネット上ではマスクによる“肌荒れ”に悩む女性も多く見受けられ、「なかなか治らない」「なんとかしたいけど、方法がわからない」といった声も。

 そこで、「あせも」の原因や対策について解説いただいた美容皮膚科医・上原恵理先生に、マスクの肌荒れについてもお聞きした。

――マスクでの肌荒れが気になるところですが、前回のお話を踏まえると、これも「接触性皮膚炎」の一つなのでしょうか?

上原恵理先生(以下、上原) そうですね。しゃべったりすることによって、マスクと肌がこすれてしまいますから、接触によって炎症が起こることもあります。また、マスクに肌の水分や皮脂を奪われてしまうことも、肌荒れの原因の一つでしょう。マスクの中の皮膚というのは、普段の環境より常に悪い状況に置かれていると言えます。

――「マスクを取ることが肌荒れ予防」という話になるのかもしれませんが、今はなかなかそうもいきません。せめて悪化しないためには、何をしたらよいのでしょうか?

上原 やっぱり、肌を保湿して保護してあげることですね。それと、私はマスクをしている時、基本的にベースメイクをしません。最近よく見かける、トーンアップの日焼け止めなどで肌を整えるぐらいですね。ファンデーションなどのベースメイクは、「どうせマスクしているし、しなくていいんじゃない?」って、私は思ってます(笑)。ファンデーションをしないと肌がくすんで気になるという方は、ティントリップを塗っておくと、顔色が明るく見えておすすめですよ。

――ベースメイクをしていないと、冷房で乾燥が気になったときなどに、保湿するのも簡単でいいですね。

上原 そうそう、そうなんです! ベースメイクをしないのは、そういった面でもいいんですよ。私は乾燥が気になったら、顔にセラミドを塗りまくっています。最近、ペプチドもはやっていますけど、こっちはちょっと粘っこいんですよね。なので私は、セラミドのクリームを1日中持ち歩いて、「乾いたな」と思ったらこまめに塗るようにしています。

すっぴんクオリティを上げる さわらない美容
ノーメイクが肯定されて最高の気分!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

マスクによる肌荒れ、「○○しない」裏ワザで防げる!? 皮膚科医・上原恵理医師が“超簡単”な方法を伝授のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 美容インタビュー女性のカラダのニュースならサイゾーウーマンへ!

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ