【連載】オンナ万引きGメン日誌

風俗嬢万引き犯と連絡先を交換……! 万引きGメンの「タブー」犯した後輩の思い出

 こんにちは、保安員の澄江です。先日、帰宅途中の電車内で、数年前にうちの事務所を退職したSちゃんと偶然に再会しました。

「澄江ねえさん、ご無沙汰しています」
「あら、Sちゃん! あなた、心配してたのよ。お元気だった? すっかり大人っぽくなって……」
「私、来年で40歳になるんです。さすがに、落ち着きましたよ」

 いまから、およそ15年前。入社したてだったSちゃんのインターン研修を担当したのは、私でした。当時、まだ24歳だったSちゃんは、ギャル系のメイクで、髪も金髪。初現場となる小さな町のショッピングモールに、猫のキャラクターがプリントされた黒のスウェット上下という軽快すぎる服装で出勤してきた時には、まさに度胆を抜かれたような気分にさせられたものです。どう見ても、保安員には見えない。そう表現すれば聞こえはいいかもしれませんが、どちらかといえば万引き犯に近い雰囲気になっているので、そこを褒めるわけにもいきません。

「あなた、その髪の色、研修の時に注意されなかった? そんなに目立っていたら、仕事にならないわよ」
「すみません。部長に言われているんですけど、帽子で隠せばいいかなと思って……」
「いいわけないでしょう。それに服装も少し派手。キャラクターのついた服は目印になるから、現場では着ない方がいいわよ」
「店内で浮かないように、近所のスーパーに行く時の恰好で来たんですけどね……」

 そう話してはいますが、場違いな感じが強く、存在自体がうるさい感じで、とても目立ってしまっています。

「メイクも、ちょっと考えなさいよ。目の周り、そんなに黒くしていたら、すぐに顔を覚えられちゃうじゃない。奇抜なメイクは、お店にも嫌がられるから、挨拶の前に落としてきなさい」
「え? スッピンは、マジでツラいんですけど……」

 いわゆるギャル系である彼女は、社会経験が少ないようで、目上の人に対する言葉づかいも知らないようでした。こんな派手な子に、保安員が務まるのだろうか。きっと、すぐに辞めてしまうことだろう。事務所の採用基準や教育効果を疑問に思いつつ、不貞腐れる彼女を一喝して半ば強制的にメイクを落とさせた私は、なるべくSちゃんの姿を見られないようにして、店長に挨拶を済ませたことを覚えています。

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

風俗嬢万引き犯と連絡先を交換……! 万引きGメンの「タブー」犯した後輩の思い出のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! オンナ万引きGメン日誌のニュースならサイゾーウーマンへ!