【連載】堀江宏樹に聞く! 日本の“アウト”皇室史!!

秋篠宮家が避け続ける「学習院」、知られざる皇族の関係ーーかつては「ウチにお入りになるのが自然」発言も

2022/03/12 17:00
堀江宏樹(ほりえ・ひろき)

「皇族はスーパースター」と語る歴史エッセイストの堀江宏樹さんに、歴史に眠る破天荒な「皇族」エピソードを教えてもらいます! 

2004年、学習院初等科卒業の日の眞子さま(gettyimagesより)

――眞子さまの結婚問題のほとぼりが冷めたと思ったら、今度は悠仁親王のご進学問題が勃発。秋篠宮家に対する世間の風当たりはさらに強まってしまったような……。てっきり、学習院に進学するのが皇室の伝統かと思っていました。

堀江宏樹氏(以下、堀江) 「伝統」とは本来、何を指すのか実に曖昧な言葉ではあります。しかし、21世紀になっても、日本の人々は皇室の方々には「伝統的であってほしい」と願っていますよね。ところが、それとは逆に昨今の秋篠宮家は前例のないことばかりを繰り返してしまっています。

 将来の天皇と目される悠仁親王の“実家”がそういうことでいいのか……と、国民の不安は掻き立てられているのでしょう。まぁ、秋篠宮家からすれば、先例に従わなかっただけで、他人が口を挟むのは止めてほしいというのが本音だとは思うのですが……。

――悠仁親王が入学なさる筑波大学附属高校は、一説に偏差値78の超進学校です(ちなみに学習院高は偏差値68)。ほかの学生が2~3倍の倍率でしのぎを削りあい、入学資格を勝ち取ろうとしているのに、学習院“にも”席を用意されている“はず”の悠仁親王が、そんな“特権”を持たない他学生たちを出し抜いてわざわざ入学することに、世間は疑問を感じるのでしょう。私もやはり理解しにくいです。

堀江 世間では「学習院=皇族の学校」となっているようですね。ただ学習院側も皇族方を受け入れてきたと誇らしげに語る一方、皇族の席をいつでも用意してお待ちしている、などとは一言もいってはいません。

 多くの教職員は、この問題に沈黙していますが、昭和のテレビ番組『クイズダービー』(TBS系)で有名になった学習院大学フランス文学科の名物教授、故・篠沢秀夫さんは「裏口入学など皇族でもありえない」と断言していますね。

 2011年2月の「文藝春秋」(文藝春秋)に掲載された篠沢さん(当時・学習院大学名誉教授)の手記「誰よりも深く愛子さまの教育を憂う」によると、皇族に関して「入学についての特別扱いや裏口入学はない(略)。入試の結果だけで判断を下す(略)」と明言しています。「多分皇族児童が今まで皆受かっているのは、成績がいいからだ」という表現まで出てきますね。

――「多分」というのがちょっと引っかかりますね(笑)。

堀江 本当に(笑)。学習院大は皇族の子弟が継続的に入学している歴史を持ち、他大とは異なる高いブランド性を獲得できています。なにより高級感が出ますし、入学希望者を順調に確保できるところもあるでしょうから、より熱心に皇族に勧誘をかけた歴史は明らかだと思うんですよ。

偉人の年収
けっこう学習院って胡散臭いんだな
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

秋篠宮家が避け続ける「学習院」、知られざる皇族の関係ーーかつては「ウチにお入りになるのが自然」発言ものページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 日本のアウト皇室史のニュースならサイゾーウーマンへ!