キャリー並みの腹黒さ!?

仕事はしないのに要求ばかりするクソ女!? サラ・ジェシカ・パーカーの裁判がますます泥沼に

ギョーカイからの評判がとにかく悪いサラ

 大ヒットドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』(1998〜2004)で、靴が大好きなおしゃれな主人公を演じ、ファッショニスタとしてあがめられるようになった女優サラ・ジェシカ・パーカー。近年は人気ドラマ『DIVORCE/ディボース』の主演女優として活躍を続ける傍ら、今年4月にはブライダル・コレクションを発表し、注目を集めた。しかし同時期、とあるファッション会社から契約不履行で訴えられたことが明らかに。米ニュースサイト「Radar Online」は11月19日に裁判の新たな動きを報じた。

 サラを訴えたのは、2016年にサラと組んで高級ジュエリーコレクション「サラ・ジェシカ・パーカー フローレンス・ダイヤモンド・コレクション」を発売した、「キャット・フローレンス・デザイン」という会社。訴状によると、15年9月に、同社がサラに750万ドル(約8億6,500万円)の報酬を支払うことで契約を締結。「コレクションにサラの名前を使用する」「彼女が5年間広告塔を務める」「ロンドン店で開催するオープニングイベントへの出席やプロモーションを行う」ことを契約に盛り込んだが、サラはほとんど仕事をしなかったとのそう。

 米ニュースサイト「The Blast」によると、最も重要な発売パーティーは夜を予定していたにもかかわらず、サラは「この日の午後しか空いてない」と無理難題なスケジュールを突きつけ、同社はパーティーのキャンセルを余儀なくされたそう。また、「サラは『DIVORCE』の撮影などで忙しいからロンドンには行けないとしながらも、自身の香水ラインのプロモーションでは渡英していた」「カタログ撮影以外では、ジュエリーを身に着けることを拒否した」「同社のインスタグラムをフォローしなかった」と訴状に盛り込むなど、同社は不満たらたら。

 ブランドのプロモーションにはやる気を見せなかったサラだが、要求はしっかりしていたそう。「プロモーションの質問は事前に提出すること。インタビューは英語のみ」「広告撮影では食事中や休憩中の撮影は断固NG。等身大パネルの制作、ショーウィンドウ説明文やショッピングバッグにサラの名前や顔を使用することも禁止」とダメダメ尽くしな上、「移動の際にはサラと同行者2人のファーストクラス往復チケット、空港ではVIP待遇の出迎え、滞在は高級ホテルでサラはスイートルーム、同行者は同じフロアーのスタンダードルーム」などと、あれこれ注文を付けていたことが明らかになった。

 米大手紙「ニューヨーク・ポスト」の付録である芸能誌「Page Six」は、サラは契約金の半分以上を受け取りながらも、このような身勝手な行動をとった上、2017年度のゴールデン・グローブ賞授賞式でジュエリーを身に着けて「キャット・フローレンス・デザイン」のデザイナーであるキャットと写真撮影するという予定も無視。キャットは激怒し、訴訟を起こしたのだと伝えた。

わがままを聞く方の身になってよ

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

仕事はしないのに要求ばかりするクソ女!? サラ・ジェシカ・パーカーの裁判がますます泥沼にのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブサラ・ジェシカ・パーカーのニュースならサイゾーウーマンへ!