知られざる女子刑務所ライフ52

「シャブ山シャブ子」に元女囚が物申す! ポン中にも「プライド」があります

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

今日の相棒に出てました‼️ 舞台でいっぱいいっぱいで一週間勘違いしてた💦 皆さん、告知するの忘れてました。すみません🙇‍♀️ ツイッター、トレンド入りしてるそうです😵 ありがとうございます!! ・ buzzfesttheaterの舞台『黴-かび-』11/11までやっております‼️ シャブ子の舞台、観に来て下さいませ(笑) ご予約はこちらからお願いいたします。 http://ticket.corich.jp/apply/94930/009/ ・ #相棒 #シャブ山シャブ子 #しゃぶ山しゃぶ子 #buzzfesttheater #黴 #中野ポケット #江藤あや

Aya Etoさん(@ayayakko19)がシェアした投稿 –

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■シャブを打った時に、誰かを殺したくなどならない

「シャブ山シャブ子、見た?」
「アレ何やねん」

 私の周囲でも「シャブ山シャブ子」が話題になりました。私はテレビドラマをほとんど見ないので知りませんでしたが、テレビドラマ『相棒 season17』(テレビ朝日系)の「薬物依存症の女性キャラクター」なのだそうです。

 ポン中に「キャラクター」も何もないもんですが、11月7日放送回の終わりに突然公園に現れて、ベンチに座ってた刑事をハンマーで殴り殺して高笑いをしていたそうです。そして、警察の取り調べに対して、「シャブ山シャブ子、17歳です!」(見た目は中年)とやたらハイテンションで、目の前にいる羽虫を払うようなしぐさをしています。もちろん腕には注射痕。

「これは、私やない」

 問題の場面を見た私は、正直ハラが立ちました。

 「覚醒剤中毒者」のイメージとしてありがちなのは、「シャブのやりすぎで頭がおかしなって、人間が怖なって、誰かれかまわず殺してしまう」とか、そういうのですよね。実は、こういうのはほとんどないんです。ゼロとは言い切れませんけどね。なぜならポン中は、キホン他人がどうでもよくなるからです。クスリにしか興味がないんです。私もシャブを打った時に誰かを殺したくなったことはないですね。

 たとえば清原和博さんやASKAさん、酒井法子さんなんかは暴行事件を起こしているでしょうか? 有名人やから起こさないのではなく、ポン中とはそういうものなのです。これが危険ドラッグや合成麻薬やと、また話は別です。こういうのは、人を殺したくなるかもしれません。

「シャブ山シャブ子」は国会でも話題に

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

「シャブ山シャブ子」に元女囚が物申す! ポン中にも「プライド」がありますのページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 相棒覚せい剤知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!