知られざる女子刑務所ライフ50

ASKAさんの再起動を心から応援します! 元女囚が語る「シャブをやめられない理由」

ASKAオフィシャルウェブサイトより

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける中野瑠美さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

■本当にシャブをやめられた?

 ASKAさんが再起動されたことがニュースになっていましたね。とてもええことやと思います。報道によると、ASKAさんは2014年9月に覚せい剤取締法違反罪で4年の執行猶予付きの有罪判決を受けていて、9月27日で執行猶予の期間が明けたのだそうです。10月にはベストアルバムを発売されて、11月には全国ツアーも予定されているそうで、順調ですね。ちなみに執行猶予が明けても「前科」は「前科」です。念のため。

 ASKAさんといえば、病院で靴下とクッキーを一緒に干していたという目撃情報があったり、謎の組織「ギフハブ」に盗撮されていると言ったり、執行猶予中に再逮捕(不起訴でしたが)された時に「尿検査でお茶を出した」とウタった(白状した)りと、正直「まだやってんのかいな」と思うようなことがいろいろと報道されていましたね。

 まあ最初の逮捕で、シャブのほかに合成麻薬のMDMAをたくさん持っていたと報道されたので、「もう脳が壊れてるんちゃうか」ちゅう話は、不良や元不良の間では出ていました。シャブよりもMDMAのほうが、脳への影響は強いといわれていますからね。せやから「ギフハブ」発言なども、驚きよりは、「やっぱり……」ちゅう感じではありました。もちろん、シャブもあきまへんよ(笑)。ちなみにシャブもですが、特にMDMAは、エッチの時にいいからと使う人が多いです。

 クスリをホンマにやめているかどうかは、本人にしかわかりませんが、再起動関連のインタビューでは、「ギフハブ」や「盗聴」などの発言は出てきていないようでした。

支える人も大事

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

ASKAさんの再起動を心から応援します! 元女囚が語る「シャブをやめられない理由」のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 覚せい剤ASKA知られざる女子刑務所ライフのニュースならサイゾーウーマンへ!