J.Loの地元愛も偽物!

ディカプリオは全然エコじゃない!? 偽善者と呼ばれるセレブたちの“悪行”

LeonardoDiCaprio02.jpg
よく国連気候変動サミットでスピーチしたもんだ!

 アメリカでは日本よりも慈善活動が盛んで、団体や教会への寄付もポピュラーだ。もちろん、教育を受けられない環境の子どもたちや動物愛護などに強い関心を持っている人も多いのだろうが、その裏には寄付をすると税金の控除を受けられるという“副産物”が少なからず影響している。税率の高い人(所得の高い人)ほど優遇されるため、ビル・ゲイツら億万長者が多額の寄付をしても単純な美談として受け止められることは少ない。特にハリウッドセレブの場合、自身のイメージのために寄付をしたり心にもないことを言ったりするため、普段の言動を厳しくチェックされるのだ。そこで今回は、米マスコミで「偽善者」と報じられたビッグセレブの“悪行”を紹介しよう。

■パリス・ヒルトン

 2004年に行われたアメリカ大統領選挙のとき、ヒップホップ界に君臨するパフ・ダディ(ショーン・コムズ)が、投票率の低い若者やマイノリティーへ「投票に行こう!」と呼びかける「Vote or Die」キャンペーンを展開。賛同するセレブたちとスローガンをプリントしたTシャツを着用し、投票の意義を説いた。このキャンペーンに、パリス・ヒルトンも参加。ジェイ・Zやファレル・ウィリアムス、オノ・ヨーコ、50セントなど影響力の強いアーティストたちに混ざり、ブルーのタイトスカートにスローガンTシャツを着て、セクシーに投票を呼びかけたため、「政治になんか、まったく興味なさそうな人なのに……」「意外だ」と世間を驚かせた。

 しかし選挙後、パリスは投票に行かなかったことが発覚。アメリカでは事前に有権者登録を行わなければ選挙で投票ができないシステムとなっており、手続きを面倒がって投票をあきらめる者が多く、問題となっている。「投票か死か!」というキャチーなスローガンのキャンペーンに参加していたパリスも、実はこの有権者登録すら行っていなかったことが判明。「偽善者にもほどがある」と大炎上した。

 パリスは飲酒運転で禁錮刑を受けたが、出所後の07年にインタビューで、「選挙の投票は、ちゃんとやってます。昨年も大統領選の投票に行きました」と発言。大統領選は4年に一度しか行われず、06年にはなかったため、「まだウソをつくのか」「いいかげん、投票してますアピールするのはやめろ!」と再びバッシングされてしまった。

■ジェニファー・ロペス

 02年にリリースした「ジェニー・フロム・ザ・ブロック」で、「大成功を収めて、世界的にスターになり、豪華な暮らしを手に入れても、地元は絶対に忘れない、地元大好き」と歌っていたジェニファー・ロペス。しかし、地元ニューヨーク・ブロンクスの人たちは「とんでもないウソ」「よくもあんな曲を歌えるわね」と眉をひそめる。というのも、ジェニファーは「ブロンクス最高!」と庶民派アピールしているものの、スターになってから地元に戻ってくることはめったにない。通常、成功した歌手は真っ先に地元でコンサートを行うものだが、1999年にデビューアルバムをリリースしたジェニファーが地元でコンサートを開催したのは15年後の14年。ジェニファーが偽善者だと知っている地元民は「いまさら」としらけ返り、コンサートをボイコット。ジェニファーは2万5,000枚もの無料チケットを配るはめになったが、会場は半分も埋まらなかった。

 一番応援してもらわなければならない地元民から、ここまではっきりと嫌われてしまったジェニファー。反省するかと思いきや、コンサートのときに宿泊したのはマンハッタンの超高級ホテル。「普通、ここまでバッシングされたら、反省して地元のホテルに泊まるだろうに」と、さらに激しく叩かれることになった。

偽善を周囲にバレないようにするというマナーはお忘れなく

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク