信頼度バツグンの「水素水」に迫る

ボロボロ肌がうるうる肌に? 信頼度バツグンの「水素水」に迫る

trast200.jpg

 新年が始まり、早くも1月も半ばを過ぎました。正月休暇中の不規則な生活や暴飲暴食が癖になって後悔している人も多いのではないでしょうか。そして、湿度がとても低い日が続いていることで、肌の乾燥度もMAXなはず。どんなにメイクをがんばっても、ボロボロになった肌は隠しきれないもの。さらに、乾燥は化粧ノリを悪くするだけでなく、たるみやシワも引き起こすことを知っていましたか? 今回はそんなボロボロ肌にも効果を発揮してくれそうな“水”を紹介します。

 それがこの「トラストウォーター」。美容に敏感なモデルや女優も愛飲していることで知られている、今話題の水素水です。人間は酸化することで老化現象が現れるのですが、酸化の原因である活性酸素(O)は、水素(H)を取り入れることで、体内で水(H2O)となって排出されます。そして、水素を摂取するのに最も適した方法が水からとることなんだとか。

 水素水は、化粧水替わりや洗顔の水として使うことで、肌の奥まで浸透し潤いを与え、また純度の高い水素を体内に吸収することで乾燥から起こるシミやシワなどを防止、アンチエイジングもしてくれるんだそう。

_U6A0642.jpg

 そして、水素水がスゴいのは美容面だけではありません。実は水素は医療現場で20年前から治療に使われているのですが、2007年に日本医科大学老人病研究所の研究グループによる水素を利用した実験では、水素が脳梗塞などの予防に効果があるという研究結果が発表されました。生活習慣病である肥満、高血圧、心臓病、脂質異常性に対して効果が期待できると、臨床実験によって明らかになったのです。

 通常、水素は一気圧に対して1.6ppmという容量しか入らないため、巷の水素水は最大1.6ppmを封入することしかできません。しかし「トラストウォーター」は気圧を調整することで、3.0ppmという抜群に高い水素量を注入したんだとか。さらに、水素は非常に小さいためアルミ以外は通り抜けてしまい、飲み口などをつけるとそこからも抜けてしまうそうですが、「トラストウォーター」は特殊構造で飲み口をつけないアルミパウチを使っているため、水素を逃さず体まで届けてくれるみたいです。

 しかも「トラストウォーター」は名水として有名な大分・くじゅう連山の天然水を使っていて、とってもおいしい水。特別な方法ではなく、水を摂取することで美容と健康を同時に手に入れたい……「トラストウォーター」はそんな人にぴったりかもしれません。外見も中身もキレイになって、2015年は健康的な、ナチュラル美人を目指しましょう。

トラストウォーター

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  8. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  9. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  10. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  11. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  14. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  15. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  16. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  17. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  18. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  19. “もう終わった”イケメン俳優3人
  20. トランプ就任式はしょぼくてもOK!

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム