乾燥の季節にさようなら! 加湿器&スプレーいらずでも余裕の“肌”が作れる?

in-BE+V 200.jpg

 さあ、お肌にとって厳しい季節がやってきました。汗をかいて老廃物を出しやすかったり、湿気で肌の湿度も保たれる夏と違い、これからは乾燥の季節。外だけではなく、暖房の効いた室内もお肌にとっては最悪の環境です。お肌の乾燥はメイク乗りを悪くするだけでなく、しみやたるみ、ニキビなどの直接的な原因にもなるんだとか。かといってマメに加湿器をたいたり、保湿スプレーしたりできない状況だってあります。大事な場面で肌がボロボロなんてことにならないために、とてもよさそうなアイテムを見つけました。それが「iN-BE+v カーボスリーピングマスク」です。

 このiN-BE+vシリーズは山田優やたくさんの芸能人が愛用していることで、大人気となっている炭酸美容シリーズ。巷に炭酸美容関連の商品はあふれ返っていますが、このiN-BE+vシリーズがほかと決定的に違うのは、とにかく高濃度炭酸にこだわって作られていること。使用しているガスは炭酸ガスのみ、そして炭酸ガスの含有量は1本につき10,000ppm以上という超高濃度なんです。

 そして今回登場したシリーズ新作の「iN-BE+v カーボスリーピングマスク」は、この超高濃度炭酸が閉じ込められた睡眠時専用の贅沢保湿クリーム。なんと普通のパックと違い、洗い流しが不要というから驚き。意外とムダなパックの待ち時間を省略し、“塗って、寝る”これだけで美肌がゲットできちゃうなんて……時間のない現代女性には頼りになるアイテムですね。

 それでは、なぜ高濃度炭酸は美肌を作るのでしょうか。その秘密は、炭酸の“ボーア効果”にあります。“ボーア効果”とは、炭酸に含まれる二酸化炭素が持つ特有の作用。お肌に二酸化炭素が浸透すると、肌は酸素不足になった錯覚を起こし、大量の酸素を供給しようとします。それにより細胞に多くの酸素が供給され、血行が促進されて肌の代謝も良くなるんです。その結果、しみやたるみ、毛穴、ニキビ、くすみなど、肌の悩みの大部分が解消へと導かれるんだとか。「iN-BE+v カーボスリーピングマスク」はその超高濃度の炭酸が閉じ込められたクリームなので、翌朝にはハリと潤いをばっちり実感できちゃうそう。

BeforeAfter.jpg
効果には個人差があります

 そしてこんなに話題のアイテムなのに、もし効果に満足できなかったら、30日以内の全額返金保証サービスまでやっているから、初めて炭酸美容にトライする人も安心できますね。

 塗って寝るだけの簡単なのにエステ級の本格派アイテム「iN-BE+v カーボスリーピングマスク」で、みなさんも効率よく美肌を目指してみてはいかがでしょうか。

iN-BE+v カーボスリーピングマスク

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  3. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  4. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  5. 新春ジャニオタ放談
  6. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  7. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  8. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  9. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  10. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  11. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  12. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  13. 日7対決“敗北しそうな番組”ランキング
  14. “もう終わった”イケメン俳優3人
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  17. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  18. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  19. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  20. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?
  5. 『カウコン』意外な舞台裏

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー