マイリーが思わぬところで株を上げてるわよ!

止まらないセレブの画像流出、ヒラリー・ダフのヌードも流出か?

hirari-dafufufu.jpg
痣とタトゥーに救われた(?)、ヒラリー・ダフ

 FBI(米連邦捜査局)が捜査に乗り出すほどの一大事へと発展している、ハリウッドセレブのセルフヌード/ハメ撮り写真ハッキング流出事件。これまでにもセレブの自撮りヌードがハッキング流出させられる事件はあったが、今回は一度に大勢のセレブが被害に遭ったこと、エゲツないハメ撮り写真などが大量に流出したこと、犯人が写真の流出をやめる代わりに仮想通貨を要求していることなどから、全米に大きな衝撃が走っている。

 「セルフィー(自撮り写真)」という言葉が市民権を得る以前から、ハリウッドのセレブたちは自ら好んでヌード写真を自撮りしてきた。これまでにも、ブレイク・ライヴリーやパリス・ヒルトン、ヴァネッサ・ハジェンズ、スカーレット・ヨハンソン、リアーナら人気セレブのセルフヌード写真が盗まれてはインターネットに流出。そのたびに、「最善の予防策はセルフヌードを撮らないことだ」と警告されてきた。

 しかし、2005年にパリス・ヒルトンをハッキングした17歳の少年が禁錮11カ月に処されたこと、3年前にスカーレット・ヨハンソンらのセルフヌード写真をハッキング流出させた犯人が逮捕され、禁錮10年の実刑判決を受けたことから気が緩んでしまったのか、セレブたちは警戒心なくセルフヌードを撮り続けていた。そして8月31日、セレブたちのセルフヌード/ハメ撮り写真が大量にネット流出。世界中で大々的に報じられてしまったのである。

 ハッカーは、世界中に名の知られたハリウッドのA級セレブたちのセルフヌード/ハメ撮り写真を、画像共有サイト「4chan」に投稿。被害者は、今最も旬な女優ジェニファー・ローレンスやぽっちゃり巨乳で男性ファンが多いケイト・アプトンらバラエティーに富んだセレブたち。誘うような表情でおっぱいを見せているソフトな写真から、女性器やアナルを広げたり、ハメ撮りやフェラチオしている写真などハードな写真、顔射され精液まみれになっている写真など、衝撃的なショットをこれでもかというほど掲載された。

 美人なのに自然体で人気のあるジェニファー・ローレンスは、早い段階で代理人を通して流出ヌードは自分のものであると認め、ハッキングした犯人に対して法的処置を取ると断言。ケイト・アプトンと女優のメアリー・エリザベス・ウィンステッドも、すぐに自分のプライベート写真であることを認める声明を出し、「イメージがガタ落ちするほどのエゲツない写真だったのに、潔く本物だと認めた」と彼女たちを応援する声が次々と上がった。

 ジェニファーの代理人から「プライバシーを侵害された」と捜査を求められたFBIは、事態を重く見てすぐに捜査を開始。100人の女性セレブと男性セレブ1名のセルフヌードなどをハッキングしたと得意げにリストを公開し、流出をやめる代わりに仮想通貨「ビットコイン」を要求している犯人を、1日も早く逮捕しようと躍起になっている。FBIは、犯人がアップル社のクラウドサービス「iCloud」のアカウントに侵入し、保存していたプライベート写真をハッキングした可能性が高いとみているが、そんな天下のFBIをあざ笑うかのように、犯人は今なおセルフヌード写真を流出させ続けている。

 5日には、ヒラリー・ダフのセルフヌード写真が流出。ディズニー・チャンネルの学園コメディで人気者となり、これまで目立ったスキャンダルがなかったヒラリーも、おとなしい顔してセルフヌードを撮っていたのかと落胆する声が上がった。米大手ゴシップ芸能サイト「TMZ」によると、ヒラリーの代理人はすぐにFBIに通報し、「ヒラリーには生まれつき持っているアザや何年も前に左足首に入れたタトゥーがある。流出した写真にはそれらが確認できず、よって偽物」だと断言。流出したセルフヌードはヒラリー本人のものではないと強調した。

セルフィーじゃなく流出が問題なんだから、そこ間違えないで!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク