また始まったよ~

愛憎劇再び? クリス・ブラウンがリアーナを「誰とでもヤるビッチ」とディスる

ChrisRihanna02.jpg
結構、みんな飽きてるぜ……

 激しい愛憎劇を繰り広げてきたクリス・ブラウンとリアーナのバトルが、再び勃発しそうな兆しが見えてきた。

 アメリカの音楽界をリードするリアーナとクリス・ブラウンが最初に出会ったのは、2005年の『Vibe Awards』でリアーナ17歳、クリスはまだ16歳の時だった。07年には『MTV ビデオ・ミュージック・アワード』でコラボする姿を見せつけたが、リアーナは「プラトニックなんだってば」「マジでシスター、ブラザーって感じ」と交際を否定。

 08年5月にクリスが「ダチから始まって、親密になったんだ」と関係を認めたが、09年2月のグラミー賞授賞式前夜に2人は車内で口論となり、わめき立てるリアーナにキレたクリスが顔面を殴り、警察沙汰に。クリスが携帯電話でほかの女性とエロいメッセージをやりとりをしていたことが原因だとされるが、病院で証拠として撮影された、青タンのあるリアーナの写真が流出し、世間はクリスを非難。クリスは謝罪声明を発表し、裁判で素直に罪を認めたため、禁錮刑ではなく5年間の保護観察と180日間の社会奉仕活動という判決が下った。リアーナへの接近禁止令も出されたため2人はその後しばらく会うことなく、リアーナは多くの男と浮名を流し、クリスはベトナム系モデルのカルーシェ・トランと交際するようになった。

 11年に接近禁止令が解かれてからの2人の関係は良好で、12年2月にコラボしてからというもの急接近。6月に、リアーナとウワサになったドレイクとクリスがニューヨークのクラブで鉢合わせした際、取り巻きたちが乱闘騒ぎを起こしてニュースになったが、これもリアーナが原因といわれ、リアーナもインタビューで「クリスは初恋の人」「いつまでも愛する」と告白。

 9月の『MTV ビデオ・ミュージック・アワード』では皆が着席している中、2人だけが立ち上がってキスをし、10月にはクリスがリアーナのホテルの部屋にお泊まりしたところをパパラッチされ、直後にクリスはカルーシェと別れたことを正式に発表。その後、2人は“情事後”と思わせるような写真をSNSにベタベタ貼り、復縁をアピール。しかし今年4月頃から雲行きが怪しくなり、SNSで互いへの嫌がらせ攻撃を開始したかと思えばあっさりと破局。クリスはカルーシェと復縁し、リアーナはワールドツアーに忙しい日々を送るなど離れ離れになり、冷や冷やしながら見守っていたファンは、ホッと胸をなで下ろした。

 秋になり、リアーナとクリスの激しい愛憎劇はすっかり過去のものとなりつつあったのだが、ここにきて、クリスがリアーナの感情を揺さぶるような行動に出た。DJキャレドの新作アルバム『Suffering From Success』に収録された「I’m Still」に出演し、リアーナを侮辱するようなラップをしたのだ。

 エイス・フッド、ウィズ・カリファ、ワーレイらラップ界の大物たちもフィーチャリングされている「I’m Still」は、ニガーやファックという、子どもには聞かせたくない汚い言葉がてんこ盛りの歌。その中でクリスは、「オレは今、24だ。年取ったぜ/ファックでもくらえだ。オレの心は冷えきってるぜ/業界のニガーみんなが、オレのビッチとファックしたってよ/オレのニガーは、“だから言ったろ”だってよ」と、憎々しく吐き捨てるようにシャウトしている。

どっちかといえば、リアーナがしつこい気がするんだけどね!

しぃちゃん

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク