「下剤ダイエット」は危険すぎる! 注目の便秘解消法「モリンガ」って何?

moringa.jpg
Photo by SOS-a vos? from flicker

 女性が抱える体のお悩みの1つである「ぽっこりお腹」。運動に励んだり、低カロリーの食生活に改善してみたり……それでも効果が出ないという人は、単純に“便秘”が原因という可能性もあります。「確かに便秘気味だけど、この腹の出っ張りはありえない!」と思うかもしれませんが、実は、毎日お通じがある人でも、体内には4~6キロの“残り物”があると言われているんです。「じゃあ便秘気味の自分は……?」と思うと、そら恐ろしくなってしまいます。

 過酷な運動や、厳しい食事制限ではなく、快適なお通じで痩せられるというのは、万年ダイエッターの女性にとっては魅力的すぎるダイエット法。しかし、下剤や浣腸といった、腸に刺激を与えて便を排出させるという「体に負担のかかる方法」は、できれば避けたいですよね。

moringa03.jpg
これがうわさの「モリンガ」!

 そんな中、「体に負担をかけず、便秘が解消できる!?」と、多くのタレントや美容ブロガーなどから注目を集めているのが、「モリガン」という植物。病気を予防する「薬箱の木」とも呼ばれており、驚異的な浄化力を誇ると言われています。その浄化力は、モリンガの種の核を粉末状にして汚水を入れると、水が無色透明になってしまうほどだとか。ヨーロッパを始めとする各国の現代医学界では、「人体の根本である細胞の自然治癒力を高め、活力を促進し、体内毒素を自然に排泄する作用を導いてくれる」とモリンガの力が証明されています。

 またモリンガは、90種類以上の栄養素が含まれていることでも知られています。ビタミン、アミノ酸やギャバ、ポリフェノールなど、現代人に不足しがちな栄養素が豊富で、快適なお通じのサポートをしてくれるだけでなく、体の調子を総合的に整えてくれそうです。

moringa01.jpg
《美容酵素》モリンガPREMIUM濃縮小粒タイプ」はノンカロリー&ノンカフェインで安心

 そんな世の女性たちの興味関心を誘う「モリンガ」を濃縮したサプリが、「《美容酵素》モリンガPREMIUM濃縮小粒タイプ」。すでに愛用している人からは、「飲み始めてから毎日スッキリ。体重もマイナス5キロに」「無理やり出すのではなく、自然に、結果が出ちゃうところがとってもうれしい!」といった喜びの声が上がっています。さらには、便秘解消による美肌効果、モリンガに含まれるギャバにより快眠できるようになったという報告も。

 日本ではまだまだ知名度の低い「モリンガ」。効果が出るのか不安を感じてしまいますが、90日間全額返金保証制度があるのはうれしいですね。本当に、モリンガはすごいのか? ぽっこりお腹は直るのか? 「《美容酵素》モリンガPREMIUM濃縮小粒タイプ」で試してみるのもいいかもしれません。

《美容酵素》モリンガPREMIUM濃縮小粒タイプ

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 工藤静香インスタで“におわせ”?
  2. 狩野英孝、淫行報道で引退の危機
  3. 狩野英孝「圧力一切ナシ」の裏側
  4. 『東京タラレバ娘』はミスキャスト?
  5. 狩野英孝事務所、無慈悲な対応
  6. 新春ジャニオタ放談
  7. 狩野英孝の“最もヤバいウワサ”
  8. 不倫の証拠はホテルで価値が違う?
  9. 番宣出演でタトゥー発覚の木村拓哉から、透けて見える“状況”
  10. 紀香の書き初めにネットユーザー失笑
  11. 袴田吉彦の不倫相手が売名活動へ
  12. 富裕層幼稚園は、ファッションも仕事のうち
  13. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  14. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  15. 狩野英孝、「最悪逮捕も」?
  16. “もう終わった”イケメン俳優3人
  17. セカオワ・Saoriの面倒くささとは?
  18. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  19. 木村&静香夫妻の「子育て」美談の狙い
  20. 『カルテット』視聴率左右するシーン

ジャニーズの人気記事

  1. 新春ジャニオタ放談
  2. 葵つかさ「松潤の相手」表記にクレーム
  3. SMAP・中居が熱愛報道に渋い顔
  4. 『カウコン』意外な舞台裏
  5. 香取、今の財布は「木村からもらったもの」?

カルチャーの人気記事

  1. 恋愛に浮かれられない「GINGER」のサガ
  2. 逮捕された元警部が語る覚せい剤と刑務所
  3. 「捨てられる妻」の典型とは?
  4. ノンケが「レズ風俗」に行ってみたら
  5. 「婦人公論」で小保方連載スタート

海外ゴシップの人気記事

  1. C・ブラウン、『DB』の痛車でデートへ
  2. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  3. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  4. マライアが“バツ2”自虐ギャグでノリノリ
  5. リアーナ、J. Loをアンフォロー