[連載]ハリウッド版「あの人は今!?」

恋多きアラ還セレブ! 『アダムス・ファミリー』出演のアーティスト系女優はいま?

anjelicahuston.jpg
『アダムス・ファミリー』がハマリ役だったんですね

――夢中になった映画やドラマに出演していた、あの人。パタっと見なくなったけど、やっぱり気になる~!! そんなアナタのために、サイゾーウーマンの海外特派員・JULIEが、噂のあの人の仕事からプライベートまで、現地で情報をかき集めてきました!

 不気味で邪悪なことが大好きな、西洋妖怪ファミリーの「ホラーでオカルトチックな日常」をコミカルに描いた海外ドラマ『アダムスのお化け一家』(1964~66)。今なおカルト的人気を誇る同作を、特殊効果を駆使して再現した映画『アダムス・ファミリー』(1991)で、主人ゴメスの愛妻モーティシアを演じたのがアンジェリカ・ヒューストンです。拷問するのもされるのも大好きな、妖艶な魔女モーティシアは、作中でも屈指の人気キャラ。独特な雰囲気を持つアンジェリカは、原作漫画に最も近いモーティシアを演じたと大絶賛され、年齢を感じさせないエレガントで優雅な魅力に世界中が酔いしれました。

 アカデミー監督であるジョン・ヒューストンを父に、バレリーナのリッキー・ソマを母に持つアンジェリカは、幼い頃から父の映画に子役出演していました。母が39歳の若さで交通事故死した後、イギリスから単身ニューヨークへ渡り、モデル活動を開始。多くのカメラマンを虜にし、ファッション・アイコンとして有名誌の表紙を飾るようになります。

 「モデルとは演じること。女優業と共通することがある」と語るアンジェリカは、ほどなくして女優へ転身。本格的に演劇を学び、『郵便配達は二度ベルを鳴らす』(1981)で注目されるようになりました。実は、この作品は73年から交際していたジャック・ニコルソンとの共演映画なのです。

 その後、数多くのハリウッド映画に出演し『女と男の名誉』(1985)でアカデミー賞助演女優賞を獲得。父だけでなく、祖父ウォルター・ヒューストンも『黄金』(48)でアカデミー助演男優賞しているため、三世代でアカデミーを制したと大きな話題になりました。『敵、ある愛の物語』(89)、『グリフターズ 詐欺師たち』(90)でも再びアカデミーにノミネートされ、大御所女優としての地位を築きあげていったのです。

 『アダムス・ファミリー』で、異色キャラクターに挑戦し、新たな一面を見せたアンジェリカは、93年に公開された『アダムス・ファミリー2』にも引き続き出演。その後も、ドリュー・バリモアと共演した『エバー・アフター』(98)、アカデミー賞ノミネート映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』(01)などコンスタントに評判のよい映画に出演してます。

 しかし、アンジェリカがここ15年間、全身全霊をかけて力を注いでいるのは、実は女優業ではなく監督業。しかし、タブー視されやすいテーマをあえて取り上げるため、風当たりが強く批判されることも少なくありません。

 アンジェリカの監督デビュー作であるテレビ映画『冷たい一瞬を抱いて』(96)は、DVと幼児への日常的な性暴力を題材とした作品。当時は、幼児への性暴力やDVがまだまだ認知されておらず、作品は世間に大きな衝撃を与えました。3年後に制作した『Angnes Browne』は、ダブリンの青空市場で働く7人の子持ちシングルマザーの奮闘記で、こちらも論争を巻き起こしました。

 05年にテレビ映画として放送された『Riding the Bus with My Sister』は、父の死後、知的障害の妹と1年間行動を共にした姉が、さまざまなことを知っていくという物語。『妹とバスに乗って』という本を基にしているのですが、DVや両親の不倫という家庭の暗い部分だけでなく、知的障害者である妹に恋人ができたとき、不妊手術をするか家族が悩むなど、リアルなダークストーリーとして世間に問題を提起しました。

 モデル、女優、監督。多彩な才能を持つアンジェリカの心を鷲づかみにした、ジャック・ニコルソンとは、73年から90年の17年もの間、くっついたり離れたり、ドラッグをしたりと決して健康的な交際ではなかったものの、ジャックと添い遂げると確信していたアンジェリカ。しかし、他の女性がジャクの子供を産んだときにあっさり身を引いたそう。(モデルとして活躍していた10代の頃は23歳年上の写真家ボブ・リチャードソン(テリー・リチャードソンの父)と不倫していた彼女ですが、いつも温かい家庭を築きたいと夢みていたそうです)

 92年には彫刻家のロバート・グレアムと結婚しましたが、愛し合っていたものの「激しく荒れ狂った関係」だったそう。08年12月にロバートが他界してからは、独り身になり、自由でアートな時間を楽しんでいるとインタビューで語っています。

 「原爆が広島に投下されてから、世界はローラーコースターに乗り続けている。もう誰にも止められない」と、これからも世間に問いかけるような映画を撮り、心を打つ演技をし続けると、生涯現役を宣言しているアラ還(59歳)アンジェリカ。アカデミー賞監督受賞も不可能ではないといわれている、彼女の今後の活躍は、大いに期待できそうです。

JULIE
海外生活20年以上の、海外芸能ジャーナリスト。 ゴシップサイトやタブロイド紙を毎日巡回中。ルーペ・ヴェレスからレディー・ガガまでイケる雑食系。世界各地から情報を取り寄せ、粘着質的にリサーチするのが大好物。

【この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます】
『ラスト・エンペラー』よりも孤独な人生を送る、ジョン・ローンの現在
『SATC』のナターシャが、あのスーパーモデルと男を取り合った!?
ヌードを経て、歌手への夢を掴んだ” 『ビバヒル』のジャネット”

今、あなたにオススメ



サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

アクセスランキング

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. SKE48、“未成年飲酒”疑惑のツイート流出?
  3. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  4. マギー不倫報道に“非道すぎる圧力”
  5. マギー、M字開脚に「痛い」の声
  6. 成宮友人A氏、「和解」提案の舞台裏
  7. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  8. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  9. 篠原涼子、「演技派女優」計画は失敗? スペシャルドラマ不振で「やっぱり現代劇向き」の声
  10. 『大貧乏』視聴率暴落&批判のワケ
  11. 上戸彩、激ヤセ&髪バッサリで会見登場
  12. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?
  13. 草なぎ剛結婚報道のウラに木村?
  14. 山崎賢人、「恋人匂わせ」投稿に呆れ
  15. “意外すぎる”不倫常習犯タレント
  16. 「二度と仕事したくない」勘違い女優
  17. 工藤静香がインスタ開始で夫婦アピール?
  18. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  19. 『べっぴんさん』新入社員に視聴者熱視線
  20. “もう終わった”イケメン俳優3人

ジャニーズの人気記事

  1. 「嵐はしゃいでた」発言で日テレP炎上
  2. 嵐と10年付き合った放送作家が「ヒドイ話」をブログで暴露
  3. 『A LIFE』初回14.2%にテレビ関係者絶句
  4. キムタクは「がんばっちゃう男」である
  5. 葵つかさ「ヌード披露」で売名説激化?

カルチャーの人気記事

  1. 「日本が独裁国家に」映画監督が警告
  2. 「婦人公論」で小保方連載スタート
  3. 猫トラブルの原因は人同士のいさかい?
  4. 「捨てられる妻」の典型とは?
  5. こなれを捨てた「CLASSY.」が暴挙へ

海外ゴシップの人気記事

  1. トランプ就任式はしょぼくてもOK!
  2. ケイティ、年末年始に日本を堪能
  3. リアーナ、J. Loをアンフォロー
  4. マイケル・ジャクソン再現ドラマに、娘・パリス「ありえないほどの侮辱」! 炎上騒ぎに
  5. 発禁レベルのジャケ写の洋楽アルバム