知られざる女子刑務所ライフ169

なぜ名古屋刑務所で、悪質な受刑者暴行事件が起こるのか? 元女囚の見解は

2023/05/14 17:00
中野瑠美改め瑠壬(作家)
なぜ名古屋刑務所で、悪質な受刑者暴行事件が起こるのか? 元女囚の見解は
写真ACより

 覚醒剤の使用や密売などで逮捕起訴され、通算12年を塀の中で過ごした後、その経験を基にさまざまな活動を続ける瑠壬(るみ)さんが、女子刑務所の実態を語る「知られざる女子刑務所ライフ」シリーズ。

刑務官の暴行は普通の暴行より罪が重い

 連休前に、コッソリ大ニュースが出てましたね。メイケイ(名古屋刑務所)で刑務官らが懲役(受刑者)を暴行した件で、なんと33人の大量処分です。33人のうち看守13人は特別公務員暴行陵虐などの疑いで書類送検されてます。

 いっぺんに33人が処分されることは、これまでなかったと思います。今までは隠してただけかもしれませんけどね。

 CBCテレビは、ネットニュースで中田学司所長以下、幹部と前の幹部の名前、看守AからVまで、処分者の一覧表を出してました。これも今まではなかったとちがいますかね。

 ニュースによりますと、AからVまで22人の刑務官は3人の懲役の顔や手を日常的に叩いたり、暴言を吐いたりしていたそうです。法務省が知ったのは去年の暮れ、しかし、その前からNPO法人「監獄人権センター」には苦情の手紙がたくさん届いていたとか。

 瑠壬的には、どつきたくなる懲役もいてますから、「先生(刑務官)たちもガマンできなかったかな」と思わないでもないですが、この処分者数はちょっと心配になりますね。なんでこんなになるまで放置してたんでしょうかね。

 しかも刑務官の一人は「特別公務員暴行陵虐傷害」の疑いで送検されたそうですから、かなりの暴力でしょう。特別公務員暴行陵虐(刑法195条)では、裁判官や検察官、警察官、刑務官とかの暴行は7年以下の懲役または禁錮としてて、普通の暴行(刑法208条、「2年以下の懲役」)より罪が重いです。

名古屋刑務所では以前も死亡事件が発生

 法務省は、大学教授らで「第三者委員会」を作って検討して、懲戒処分が発表されたんですね。発表はゴールデンウィークが始まる4月29日の前の日ですよ(笑)。もうみんな「お出かけ」のことしか考えてませんから、こうゆう日を狙うんですね。今はそうでもないですが、前は死刑の執行は暮れも押し迫った「官庁御用納め」の前の日とかが定番でした。みんな「仕事納めモード」やから、批判もそんなに来ないちゅうことですよね。

 それにしてもメイケイは昔、懲役を「革手錠」で締めつけたり、懲役の肛門に消火用ホースで高圧力の水を噴射したりして、死亡者まで出しているのに、なんでこんな大量処分が出るんですかね。

 前もちらっと書きましたけど、東京の施設はふだんからメディアに注目されてますし、大阪はリアルヤクザが怖いから、刑務官はそれほど暴走しないのかもしれませんね。

 ちなみに豆知識ですが、メイケイは名古屋市内やなくて、お隣の「みよし市」にあります。「東京ディズニーランド」が千葉にあるような話ですかね。

八王子の精神科病院「滝山病院」の問題に思うこと

 編集者さんから、「滝山病院についてどう思いますか?」と聞かれました。瑠壬は知りませんでしたが、看護師らによる患者さんへの暴行で大問題になっている八王子の精神科病院なんですね。

 患者さんが撮った動画もネットで出回ってて、看護師が痛がる患者さんを笑いながら殴っていることも報道されてます。瑠壬が入れられてた大和川病院を思い出して、とても怖くなりました。

 暴力を振るう病院側をかばうわけではないですが、こうゆう問題がなくならないのは、暴れて手のつけられない患者さんがいてるからですよね。比較的身近な認知症以外にもいろんな精神障害があり、家に火をつけたり、暴力を振るう患者さんもいてますから、預かってもらえれば家族はありがたいです。

 もちろん患者さんへの暴力はアカンので、それをどうするかです。起こるかどうかわからへん戦争の準備より、国民を守ることに税金を使うてほしいですね。ちゅうか刑務所も精神科病院も「自分は関係あらへん」と思てらっしゃる方がほとんどと思いますが、そうでしょうか? 結構「明日は我が身」かもしれませんよ。

中野瑠美改め瑠壬(作家)

中野瑠美改め瑠壬(作家)

1972年大阪・堺市生まれ。覚せい剤取締法違反で4回逮捕され、合計12年の懲役を経験。出所後は、刑事収容施設への差し入れ代行業や収容者と家族の相談窓口などを行う。現在は堺市内で「Night Space祭」を経営。著書『女子刑務所ライフ』(イースト・プレス)がある。

記事一覧

Instagram:@rumichibi1209

瑠壬公式YouTube

最終更新:2023/05/14 17:00
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  8. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  12. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  13. 秋篠宮さま、大学時代に「7人の恋人」?
  14. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  15. 「美智子さまいじめ」の主犯
  16. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  17. 中学受験の合格手続きでミス
  18. 秋篠宮家が「推薦入試」にこだわる事情
  19. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  20. 山口組は分裂9年も平行線、「トクリュウ」が勢力拡大? 元極妻が予想する「2024年のヤクザ情勢」