“噂の女”神林広恵の女性週刊誌ぶった斬り!【第620回】

東出昌大の人たらしに「週刊女性」が取り込まれた? 唐田えりかの体当たりな”近況”にもエール

2022/10/04 21:00
神林広恵(ライター)
「週刊女性」10月18日号(主婦と生活社)

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!

 今朝、北朝鮮から発射された弾道ミサイル。NHKでは緊急ニュースが放送され、連続テレビ小説『舞いあがれ!』が総合、BSプレミアムともに中止になってしまった。昨日からはじまったばかりなのに――。前作『ちむどんどん』が妙な盛り上がり方をしただけに、今回の放送開始早々の事態が今後にどう影響するのかしないのか。逆になんだか、ワクワクする。

第620回(9/29〜10/4発売号より)
1位 巻頭グラビア「山暮らしの一部始終を独占ロングインタビュー! 東出昌大」
特集記事「東出昌大 『キツネにタヌキ、蛇や昆虫も食料です』」
参照「唐田えりか 大乱闘ロケで覚悟の8回首絞めプレイ」(すべて「週刊女性」10月18日号)
2位「好きな嫌いな メガネ有名人」
「ジャニーズタレント 『このパーツが好き』ランキング」(ともに「週刊女性」10月18 日号)
3位「いしだ壱成 『1日限定ホスト』舞台裏密着」(「週刊女性」10月18日号)

 「週刊女性」があの俳優を異常に“推し”ている。先週、狩猟をしながら山生活をする東出昌大のところに行き、直撃インタビューに成功、特集記事として掲載した「週女」だが、それだけでは飽き足らなかったらしい。先週に引き続き、今週も東出を取り上げているのだが、その持ち上げっぷりがすごい。

 まずは巻頭カラーグラビア。チェーンソーを持って微笑む東出、野外で薪でお湯を沸かす東出、山を歩き食料を探す東出、薪用の木の株を持つ東出――。そんな素敵でワイルドなショットが6枚! カラー4ページも使って紹介される。もちろん東出の素敵でワイルドな“山暮らしインタビュー”付きだ。

 そして、インタビューはグラビアページだけでは収まらなかったようで、特集記事に持ち越される。グラビアにプラス2ページの誌面を割いて、東出の自給自足生活が紹介される。こんなふうに。

「僕は何でも食べますね。キツネは淡白で脂身は少ないんですが、噛めば噛むほどコクがあって、ジャーキーみたいに味を凝縮した感じが口に広がります。タヌキはロードキル(道路上で起こる野生動物の死亡事故)で死んだものを食べることがあるのですが、狩ったものと違い、血抜きがされていないので美味しくはないですね」
「食べられなかったものはないかな。蛇は美味しいですよ。蝉も食べてみましたが、日常的には食べないかも」

 まるで自給自足のワイルドな山生活の食レポのようだが、そんな東出の現在の生活を詳細に紹介、さらに「骨太なドキュメンタリー作品で知られる森達也監督が初めて手がける、来年公開予定の劇映画『福田村事件(仮)』への出演も決定」と仕事の宣伝もしてあげる。

寝ても覚めても
その微笑みによって何人の女が泣かされてきたのだか……
アクセスランキング
  1. 持ち偏差値より低い中学を受験した娘
  2. 大谷翔平と代理人バレロ氏の心配な報道
  3. 「新しい自分になる」危険ドラッグで8階から飛び降り――「ラリってしまいたい気持ち」を禁止しても意味ない?
  4. メルカリで31万ネックレスが27万に! 4万円の値引きに成功したワケ
  5. 警察がヤクザより力を入れる犯罪組織「トクリュウ」とは? その厄介さを元極妻が解説
  6. 「私には迷信と思えない」幼い息子に起こった異変とは? 奇跡的だったお坊さんの指摘
  7. 「男の宿命的な性」への憎しみ
  8. 皇室の“セックスマニュアル”? その内容は
  9. 秋篠宮さまの“プロポーズ美談”は全部ウソ?
  10. 大谷翔平、違法賭博問題で「裏社会」関係に疑惑?
  11. 132万のジュエリーの代わりに買ったもの
  12. 憲法は「暴力団員であること」を禁じていない! 餃子の王将社長射殺事件、パソカ規制問題、工藤會死刑判決を元極妻が解説
  13. 秋篠宮さま、大学時代に「7人の恋人」?
  14. 実父の強姦が黙殺された「栃木実父殺し」から現在
  15. 「美智子さまいじめ」の主犯
  16. 学習院「常磐会」が行った「美智子さまいじめ」
  17. 中学受験の合格手続きでミス
  18. 秋篠宮家が「推薦入試」にこだわる事情
  19. 2023年のクスリ押収量は過去2番目! イーロン・マスクのドラッグ使用疑惑を解説
  20. 山口組は分裂9年も平行線、「トクリュウ」が勢力拡大? 元極妻が予想する「2024年のヤクザ情勢」