高橋ユキ【悪女の履歴書】

素手で病巣の臓物をグチャ……「心霊手術」で数億円稼いだ、“神さま”と呼ばれた女【豚の血・心霊手術詐欺事件】

2022/07/24 18:00
高橋ユキ(たかはし・ゆき)
(C)gettyimages

世間を戦慄させた事件の犯人は女だった――。平凡に暮らす姿からは想像できない、ひとりの女による犯行。自己愛、欲望、嫉妬、劣等感――罪に飲み込まれた闇をあぶり出す。

【三重 豚の血・心霊手術詐欺事件】

 三重県某市から車を北に30分ほど走らせたところにある、ひなびた街。山裾にしがみつくように建ったホテル別館の大会議室が、彼女の“オペ室”のひとつだった。しかし、オペと言っても、我々が思い浮かべるそれではない。室内には消毒液でなく、お香の匂いが立ち込めている。

 寝台の周りを半円状に取り囲んでいるのはナースではなく、下着一枚の姿になった男女。一同が食い入るように見つめていたのは、髪を引っ詰めた女の手元だった。彼女は寝台に横たわる“患者”の体から、麻酔もメスも使わずに、素手で血だらけの病巣を取り出してしまうのだ。

 1人の“手術”を終えるのに1分とかからない。寝台を取り囲んでいた男女たちも、順番に寝台に寝そべり“手術”を受けてゆく。

 グチャ、グチャ……

 女は時折、小さく念仏を唱えながら、寝台に寝そべる患者の“病巣”から臓物を引っ張り出し、バケツに投げ込む。お香の匂いのなかに、かすかな獣の臭いが混じる。

 この“手術”で本当に病巣が取り除かれるわけではない。女が施していたのは「心霊手術」だ。

血まみれの臓物を素手で取り出す「心霊手術」

 三重県のホテル別館・大会議室に患者ではなく警察がなだれ込んできたのは、1996(平成8)年10月。「手術室」では、まさに心霊手術の真っ最中だった。

 昭和のころ、テレビで「心霊手術」をご覧になった方もいるのではなかろうか。病を患う患者を寝台に寝かせ、その患部に術者が手を突っ込む。何やら手元を動かすと、患者の体から病巣と思しき血まみれの臓物が取り出される。メスも麻酔も使わないのに患者は痛みも感じず、手術が終わるのだ。

 かつて、まるで奇跡のようにテレビで放送されていた、この摩訶不思議な手術で、もちろん病気が治るわけでもない。しかし平成の時代に、日本でこの「心霊手術」を行っていたとして詐欺容疑で逮捕されたのが、冒頭の女・日笠志摩子(仮名・当時57)である。

 志摩子が患者の患部から取り出されたかのように見せている臓物は、豚の血を脱脂綿に浸したものに鶏の皮をかぶせたものだった。それをあらかじめ隠しておいて、パッと取り出す。「心霊手術」とは名ばかりの、単なる手品だった。

 しかし、ワラにもすがる思いの重病人たちは、口コミでの評判を聞きつけ、志摩子のもとに全国から殺到した。自宅周辺には高級車が並び、1人では階段も登れないような高齢者や、担架に乗せられた重病人がやってきていたそうだ。

逃げるが勝ち 脱走犯たちの告白
信じるものは救われる、とは思えない
サイゾーウーマンのSNS
  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

素手で病巣の臓物をグチャ……「心霊手術」で数億円稼いだ、“神さま”と呼ばれた女【豚の血・心霊手術詐欺事件】のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! 悪女の履歴書のニュースならサイゾーウーマンへ!