[コラム]K-POPタテ・ヨコ・ナナメ斬り

TikTokで世界的ブーム再燃!? ネット時代の音楽ジャンル「Jersey club」――K-Pop・EXOの“キシキシ”音に注目

2020/10/03 19:00
サイゾーウーマン編集部(@cyzowoman

関連曲‖K-PopのJersey club曲

 それではようやく韓国での話に移りますが、K-Popのシーンではトラックメイカーが非公式的にRemixを作ることはあっても、公式で楽曲にJersey clubのビートが取り入れられることはなく、先述のBed squeak soundだけが独り歩きし、さまざまな楽曲に取り入れられます。最近のものは挙げ出したら切りがないので初期のものだけ挙げます。

■GOT7 (갓세븐) – A (TOYO Remix) (2014/6) (1:39、1:53)

■NU’EST (뉴이스트) – OVERCOME (여왕의 기사) (2016/2)

■BTS (방탄소년단) – Boy Meets Evil (2016/9) (1:13に一瞬)

■SHINee – Prism (2016/10) (0:57~1:08)

■NCT127 – Baby Don’t Like It (나쁜 짓) (2017/1)

 今までの説明を踏まえると、XUMの「DDALALA」は12年頃のBed squeak soundが入っていない、歌モノのボーカルが入るか入らないか頃のJersey clubを参考にしているのでしょうか? そこまで明確な引用元を設定しているとも思えませんが……。

 今回はBed squeak soundだけでなく、ビートもJersey clubなK-Pop楽曲のRemixをSoundcloudでプレイリストにしました。原曲のリリース順ではなく、Remix音源のリリースが古い順に並べてあります。

 4曲目に入れた2ИЕ1 – I Love You (тоуо яемıж)は全体的にFuture bassですが、上記GOT7の公式Remixを担当したTOYOが個人的にアップしており、Jersey clubのタグを付けているので入れてみました。

<落選したけど……紹介したい1曲>
■EVERGLOW (에버글로우) – LA DI DA

 Yuehua Entertainment所属6人組グループEverglowの新曲です。見事にシンセポップです。

 80年代のYMOの「ライディーン」やa-haの「Take On Me」、最近ではThe Weekndの「Blinding Lights」などが思い出されます。今月はJersey clubとシンセポップのどちらを特集するか最後まで悩みましたが、関連楽曲がJersey clubのが面白いかなと思いXUMを選びました。「LA DI DA」は振り付けと衣装がとにかくすごいので、是非音楽番組のステージなども見てみて下さい。

<近況>
Stray Kidsがリパッケージアルバム『IN生』でカムバックしました! 今までの活動を含めて初めて、音楽番組で2度1位を獲りました。デビューから追っているので喜びもひとしおです。引き続き音楽番組等に出演して活動しますので、MVの再生やCDの購入などよろしくお願い申し上げます。

e_e_li_c_a
1987年生まれ。18歳からDJを始めヒップホップ、ソウル、 ファンク、ジャズ、中東音楽、 タイポップスなどさまざまなジャンルを経て現在K-POPをかけるクラブイベント「Todak Todak」を主催。楽曲的な面白さとアイドルとしての魅力の双方からK-POPを紹介して人気を集める。

Twitter @e_e_li_c_a TodakTodak 
mixcloud eelica

最終更新:2020/10/03 19:00
【輸入盤】デビュー・シングル:ダララ
ひたすらテンション上がる〜!

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連キーワード

TikTokで世界的ブーム再燃!? ネット時代の音楽ジャンル「Jersey club」――K-Pop・EXOの“キシキシ”音に注目のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! K-POPタテ・ヨコ・ナナメ斬りのニュースならサイゾーウーマンへ!

COSME JOURNAL