2020年も相変わらず!

グウィネス・パルトロー、問題作「私のアソコと同じ匂い」キャンドルを発売!

2020/01/14 18:26
堀川樹里(ほりかわ・じゅり)
グウィネス・パルトロー、問題作「私のアソコと同じ匂い」キャンドルを発売!の画像1
日本でのポップアップショップには並ばないだろう一品

 日本ではエレガントなハリウッド女優といったイメージの強いグウィネス・パルトロー。しかし彼女、実は下ネタが大好きなことでも知られている。

 彼女が運営している“意識高い系”のライフスタイルサイト「goop」では、以前からバイブレーターやSMボンデージ・グッズなど、セックス関連商品を積極的に販売。またセックスについてのトピックを発信しており、グウィネスと精神分析学者が対談して、大真面目にアナルセックスの素晴らしさを説いたことも。2018年には「膣に入れておくと感度が増し、性的エネルギーが高まるだけでなく、ホルモンバランスも整い、生理不順が改善され、尿漏れ防止にもなる」とうたった「jade eggs(卵形のヒスイ)」なる商品が「効果が科学的に立証されていない」として、カリフォルニア州から14万5,000ドル(約1,600万円)の罰金を命じられている。

 そんな「goop」で販売された“下ネタ”新商品がいま、ネット上を騒然とさせている。

 話題の新商品はゼラニウム、ベルガモット、ヒマラヤスギ、ロサ・ダマスケナ、アンブレットを調合した、「おもしろくて、ゴージャスでセクシーで美しい香り」と説明されたアロマキャンドル。では何が下ネタなのかというと、その商品名。なんと「This Smells Like My Vagina(私のアソコと同じ匂い)」と称して売り出されているのである。

 米カルチャーサイト「ComicBook.com」によると、調香師ダグラス・リトルと共に新商品を開発していたグウィネスが、「う~ん、私のアソコと同じ匂いだわ~」と思わず口走った香りの開発を続けたところ、「おもしろくて、ゴージャスでセクシーで美しい、予想外の香り」へと進化し、グウィネスの感想をそのまま名付けて商品化することに。

 グウィネスは、ダグラスと共に開発した香水、フレグランス、キャンドルを多数「goop」で販売しているが、「FLオルガズム」「めしべの鞭打ち」など、セクシュアルな行為を連想させる商品名ばかり。パッケージも性的なイメージのものが多い。それを考慮すると「私のアソコと同じ匂い」は、満を持して付けられた商品名だともいえるだろう。

 米ニュースサイト「TooFab」は、「goop」が試験販売をしたところ数時間で完売となったため、1月10日から本格的に売り出したと報道。約300gのキャンドルが75ドル(約8,200円)と決して安くない値段だが、こちらも飛ぶように売れ、現在ソールドアウトとなっている。

恋人はセックス依存症
主演作品名、すごく的を射ていたのね……

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

グウィネス・パルトロー、問題作「私のアソコと同じ匂い」キャンドルを発売!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブグウィネス・パルトローのニュースならサイゾーウーマンへ!