真面目に語ってるのが、さらに地獄……

グウィネス・パルトローのおしゃれサイトで、禁断のアナルセックスを大特集!

GwynethPaltrow05
人間一度は色キチになるが、問題は何歳でなるかということですな!

 40代になっても美しくエレガントな女優のグウィネス・パルトロー。彼女が運営するライフスタイル提案サイト「goop」は、グウィネスが選りすぐった美容品、衣服、靴、バッグ、ジュエリー、アクセサリー、キッチン&ホームアイテムなども販売し、高価だが、いかにもセレブといったおしゃれな商品ばかりだと、一定の層には熱烈な支持されている。

 グウィネスが最近「goop」で力を入れているのが、「大人の女性が楽しめるセックス」。オーガズムに達する方法、カジュアルなセックスを楽しむ方法など、その道の専門家に質問する「Q&A」特集記事をいくつも掲載し、goop信者と呼ばれる読者たちに「もっと有意義なセックスライフを送りましょう!」と呼びかけているのだ。記事で啓蒙するだけでなく、1万5,000ドル(約167万円)する24金のディルド(ペニス型の大人のおもちゃ)や、156ドル(約1万7,000円)のバイブレーターを販売し始め、暴走気味だとささやかれるように。

 そんな「goop」がアナルセックス特集を掲載。学者に「安全にアナルセックスを楽しむ方法」だけでなく「アナルについて子どもたちにどう教えるか」などの質問を投げかけ、ネット上で「どれほどアナルセックスが好きなんだ」と呆れ果てる声が上がっている。

 該当の記事は、今月23日に公開された「アナルセックス:真偽チェック」という特集。冒頭で「goop」側はアナルセックスのことを「最初は世間に衝撃を与えたが、そのうち社会現象となり、現代ではセックスのレパートリーのひとつとなった」と紹介し、続けて「でもみんながアナルセックスをしているわけではない」「異性愛者のうち試したことがあるのは、わずか30〜40%ほど」と残念そうにつづる。そして「アナルに興奮するのは、決してあなた1人だけではないのです」と力強く主張し、「どうしたら快感を得るアナルセックスを安全に行うことができるのか」を、精神分析学者ポール・ジョアニズに質問していく。

 大学で教本として使われる真面目な本をいくつも執筆しているポールは、「アナルセックスは1980年代にポルノで描かれるようになり、2005年頃から、このジャンルの作品が急増した。しかしこれは、女性がアナルセックスを好むようになったからではない。ポルノサイトが視聴者目当てに過激さを追求した結果だ」「異性愛カップルのうち、アナルセックスを好んで行うのは10〜15%ほど。だが、彼らがアナルセックスを行う頻度はそれほど高くなく、膣に挿入するセックス5〜10回に1回という割合」「男性の同性愛カップルも、アナルセックスを行うのは65%だとされており、フェラチオの方を好む人が多い」など、まずは事実をレクチャー。

ア○ルセックスといえば2パック!

しぃちゃん

サイゾーウーマンのSNS

  • 「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。

関連リンク

グウィネス・パルトローのおしゃれサイトで、禁断のアナルセックスを大特集!のページです。サイゾーウーマンジャニーズ(SMAPTOKIOKinKi KidsV6NEWS関ジャニ∞KAT-TUNHey!Say!JUMPKis-My-Ft2Sexy Zone)の最新ニュースのほか、ここでしか読めない裏芸能ゴシップなどをお届けします。女性誌レビューコラムインタビューなども充実! セレブグウィネス・パルトローのニュースならサイゾーウーマンへ!

ジャニーさん お誕生日おめでとうございます
ジャニーさん お誕生日おめでとうございます